2016年03月09日更新

折り紙を楽しむ!子供と一緒にできるセンス溢れる作品7選♫

「おりがみ」というと日本の伝統的文化の代表ですが、実は海外でも結構人気があります。そこで、伝統的な「折り紙」っぽくない、星やオーナメント等ちょっとお洒落なおりがみをご紹介したいと思います。100均でも売られている可愛いおりがみを使ってみたり、おりがみの手法で色んな材質の紙を試してみたり、遊び心いっぱいの西洋的な感覚でおりがみを楽しんでみませんか?

① 可愛い、簡単、クリスマスツリー

可愛いのに簡単に折れるクリスマスツリーのご紹介。15センチ四方のおりがみだと無地のおりがみで折るより可愛く仕上がります。選ぶ色によって大人にも子供にも受けます。こんな手づくりのクリスマスツリーを、子どもと一緒に作れたらどんなに楽しいことでしょう。色々な色の折り紙を使ってバラエティー豊かなクリスマスツリーを作ってみませんか?うまくできたらお友達に差し上げても、きっと喜ばれるに違いありません。お子さまもこれなら夢中になりそう。

こちらが作り方となります。一見、手がこんで作られているように見えますが、意外とはさみを使って簡単に作れちゃうんですよ。みどり色の折り紙による作り方をしっかり見て下さい。細かいところも実物を折るかのようにレクチャーしていますので、この折り方を見ながらトライしてみてください。もし、うまくいかなくても、最初から折り直してみると必ずうまくいくと思いますよ。お子さまと、こうでもない、ああでもないと試行しながらやっていただいたら楽しそう。

② 英字新聞などを使って星のオーナメント。

英字新聞や、英文字のラッピングペーパー、海外のマガジン等を使ってみよう。きっと可愛く仕上がるはず。英字新聞って何だかオシャレな雰囲気になるんですよね。写真のようなお星さまも、とてもステキですね。こんな星形だけでなく、色々な折り紙にも挑戦してみてはいかがでしょう。箱を折るときにも、英字新聞で折るととてもオシャレですよね。クリスマスリースなどにも飾ってみたら、また違ったイメージになるかも。余談ですが、お花を包んでもすてきですよ。

③ ちっちゃいお星様がとってもCUTE★

Il 570xn.271404282

出典: www.etsy.com

ちっちゃいお星様を一杯作ってみよう。可愛い瓶に入れたり、ピックに使ったり、とってもキュートですよね。
作り方は簡単。
A4用紙を1.5㎜幅ぐらいに切って細長い紙を作って下さい。後は画像を参考に折って最後にぷっくりする様に親指と人差し指で形で整えて下さいね。このお星さまをたくさん作ってカラフルな瓶などに無造作に入れたら、かわいいのではないでしょうか?ブルーのガラス製の花瓶になどにちょこっと入れてみたら、お部屋の面白いアクセントになりそう。

それでは作ってみましょう。細長く切った紙をくるくる重ねていくだけでできちゃいます。お子さんと作っても楽しいですね。こんなに簡単にお星さまができるのって、お子さまからビックリされるのではないでしょうか?この写真ではホワイトの紙ですが、ゴールドやシルバーの紙で折ってみても楽しそうですね。ゴージャスな雰囲気のお星さまが出来たら、パーティーの飾り付けなどにも活躍しそうですね。大小様々のサイズのものを作って飾ったらきっとステキですよ。

④ ペーパーナプキンを使ってみよう。

ペーパーナプキンを広げて折り目に合わせて4等分に切った大きさが適当です。(ペーパーナプキンは3枚綴りになっている事が多いです)
あとは画像通り。アースカラーだとナチュラルなインテリアにもしっくり合いますね。これも色々な色で試してみるといいですね。これなら子どもでも簡単に取り組めそうですし、お子さまと一緒に作って楽しんでみてはいかがでしょうか?新しいお部屋のインテリアが生まれてくる予感がしますよね。

⑤ 可愛すぎるぅ〜おりがみドレス。

100均で売られている可愛いおりがみの出番です。花柄やチェック、ドット柄、色んなおりがみを使ってどんどん可愛いドレスを作って下さい。無地のおりがみを使って子供に模様を書いて貰うのも良いですよね。
作ったドレスは手作りカードに貼ってもよし。
紙に貼付けて子供達には顔や手足、靴を書いて貰ってもよし。とっても楽しいですよ。ドレスに合うようおばあさまのお顔をお子さまが書いて、お誕生日にカードとして送ったら、目を丸くして喜んでくれそう。

こちらが作り方です。少し細かいところもあるので、お子さんと作るときはパパとママが協力してあげましょう。作り方は一見、難しそうにみえますが、何度もトライしてみてください。ちょっとしたコツさえマスターしたら、あっという間に出来るようになりますよ。ただ、見ただけで難しそうだからできないと思うのではなく、こんなステキな折り紙を折れたらいいなとチャレンジするのが一番。うまく折れたらきっと楽しくなってもっと難しいのを折りたくなるかも。

⑥ 可愛いサンタクロースの登場。

20141023172355

せっかく可愛いサンタクロースを折ったら、色んな物に活用してみましょう。ラッピングのタグや手作りカード、オーナメントにもぴったりですよね。オリジナルのクリスマスカードを作って貼付けてもいいし、クリスマスプレゼントにそっとくっつけてもユニークですよね。大きさも小さいもの、大きいものとあれこれ作ってみたら、また違ったアイディアが生まれてくるかもしれませんね。ちょっとお顔に目とか口なども書き入れて色々な表情のサンタさんを作るのも面白そう。

⑦ 上級者むけ、難関のバラにチャレンジ。

とっても優雅で綺麗なバラですよね。
バラの折り方は、はっきり言ってとっても難しいです。実は私も何度か挑戦しているのですが完成に至っていません(笑)が、出来上がった物を頂いた事はあります。裏側にピンがついていてブローチになっていてとても感動的でした。
ラッピングに使ってもよし、花束でもよし、喜ばれること間違いなしです。こんなステキなバラを自分で折れたら嬉しいですし、自慢したくなりますよね。
上級者の方はぜひ挑戦してみてください。

コツ・ポイント

先ずは試しに、一般的な15センチ四方の折り紙を使って何度か折ってみて下さい。折ってるうちにコツが分かってきます。すると仕上げる物によって紙の材質や柄、大きさ、イメージの色がつかめて来ます。そうなったら、あとはイメージがドンドン膨らんであれもこれも折ってみたい、折った物をこんな風に使ってみたい、という気持ちが湧いてきます。お子さんと一緒なら尚更楽しい事間違いなしですね。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。

いいなと思ったらシェア♪

このまとめに付けられたタグ

viewView
363562
likeお気に入り
15677

アクセスランキング

昨日人気のあった「手芸」に関するまとめ