2016年07月20日更新

「洗濯ネット」の種類と正しい使い方まとめ。あまり知られていない活用法も

洗濯ネットは、色落ちや繊細な素材など、特別なものに使うアイテムだと思っている人が多いでしょう。でも、洗濯ネットには、それぞれ機能をもった種類が存在し、普段の洗濯の時に毎回使っても不思議ではないお役立ちグッズだったのです!早速、それぞれの機能と使い方を見てみましょう。

洗濯ネットを使った方がいい衣類は?

ニットや下着など型崩れが気になるもの

ニットや下着などを洗濯するときは、目の細かいニットに入れて型崩れを防ぎます。また、色移りを防いだり、タオルなどの毛羽がつくことを防ぐこともできます。ネットに入れることによって、洗濯機の回転による擦れやほかの洗濯物との摩擦による傷から保護することが出来るので引っかかりやすい、毛玉になりやすいニットやデリケートは下着を大切に洗濯することができます。

ビーズやボタンがついたもの

ビーズやボタンなどの装飾付き衣類もネットに入れて洗濯しましょう!洗濯でビズやボタンが割れてしまったり、他の衣服と絡まって取れてしまったという経験はありませんか?ネットに入れることで装飾の破損を防いでくれます。また、ネットに入れる時に裏返しにするようにしてください。裏返すことによって、衣服がクッション代わりになるのでより一層装飾の破損を防ぐことができますよ!色褪せも減少させることが出来ます。

破れが怖いストッキングやダメージジーンズ

ストッキングやダメージジンズも洗濯ネットに!こちらもネットに入れずに洗濯してしまうと、他の衣類と絡まってしまったり摩擦によって伝線してしまいます。ストッキングは特に伝線してしまったり、破れてしまわないか心配ですよね。そんな悩みもネットに入れることによって、これらを防ぐことができるので安心して洗濯することが出来ます!

色が出そうな濃い色のもの

色の濃い衣服を洗濯するとき、色落ちや他の衣服への色移りが気になりますよね。完全に防ぐことはできませんが、洗濯ネットに入れることで摩擦による色落ち・色移りが防げます!衣服を裏返しにしてネットに入れると色移りをより防ぐことが出来るので、裏返しにすることを忘れないでください!それでも心配という方は、色物を分けて洗濯することをおすすめします。

洗濯ネットの種類と効果的な使い方

1.編み目が粗いネット

Dma 48

出典: dime.jp

洗濯物同士の絡み付き、擦れが不安な衣類には、こうしたネットを必ず使うべきです。ひとつひとつ入れるのが面倒な場合には、素材の似たような衣類を予め見分けておきます。季節によっては使用頻度が多くなりますので、大・中・小とそれぞれサイズ違いで持っておくのが賢い使い方。

2.編み目の細かいネット

ホックや、ファスナーのある衣類は、編み目の荒いネットではなく、細かいものを使いましょう。また、他の衣類に、細かい繊維が付きやすいものは、こうした編み目の細かいネットに入れておけば、他の衣類への付着が防げます。

2-1.スパンコールやボタンのある衣類は

ニット、スパンコールやボタン、レース、ビジューなど装飾のある衣類は、通常の洗濯ネットよりもよれの少ないネットを使うべきです。袖部分を折り込んで、ショップの陳列台に乗っている衣類のように畳み込んでネットに入れましょう。余分なシワや折れが防げます。

3.スラックスやスーツには

1

出典: ec.only.co.jp

今は、洗えるスーツやスラックス、スカートが販売しています。そういった場合でも、洗濯機に放り込むのは厳禁。専用の、畳み込みやすいネットがありますので、そうしたアイテムでしわや傷みになりにくい方法で洗濯しましょう。

商品を見る

4.ブラトップには

夏場によく着用するブラトップやチューブトップ。直接洗濯機に入れる場合はおろか、普通の衣類用ネットだと、カップの返りがありますので、カップを内側にしてズレないサイズの洗濯ネットを使いましょう。

5.ブラジャーには

ブラジャーをそのまま洗濯機に入れるとワイヤーが曲がって使い物にならなくなってしまいます。そこでワイヤーやカップの崩れを防ぐ画期的なアイテムが登場。

形崩れしたくない物はワイヤーが入っているネットに

フタにワイヤー入りのネットも多数ありますよ。ネット自体の形崩れがしないことも見るべきポイントなのです。
また、サイズがぴったりな靴下、帽子、手袋などの小物も、こうした迷子にならないサイズをチョイスすべき。

商品を見る

こうしたより強固なものもあります

フレームが強固なものだけでなく、フタ全体がしっかりしたものもあります。

詳細を見る

下着だけではなく、しわになりたくないキッチン用品など小物やリネンにも使えます。

形をキープするためのアイテム

こちらの商品は、マシュマロといって、カップ部分で包み込むような丸いボールが特徴。形が動かずに洗えることは、形崩れしない必須の条件なのです。普通の編み目の荒いネットであればいいや(筆者もそうでした)と思っていた方、一度、見直してみてもいいかもしれません。

商品を見る

6.大物には

C7fa8400328ef82233c2bd25a5d08e77

出典: iemo.jp

毛布やタオルケット、大きい衣類用の洗濯ネットが、無印良品から登場。フトン、ブランケット、選択可能な浴衣などの大きめ衣類や、あまり洗濯機内で動かないような衣類をまとめて洗うのに適しています。

商品を見る

7.シューズにも

003 01s

出典: fineweb.co.jp

靴洗いが楽になる、シューズ専用のネットがあるって知っていましたか?靴を洗う方オフは、手洗いだけではないのです。じゃぶじゃぶ洗濯機で洗う姿をイメージすると、なんとも気持ちがいいですよね。

商品を見る

衣類の入れ方にも注意

ビーズなど飾りがついた服は裏返して入れる

ビーズなどの装飾の付いた衣服は洗濯の時に取れてしまわないか気になりますよね。ネットに入れても装飾が割れてしまうのでは?と心配になるかもしれません。そんな装飾付きの衣服をネットに入れて洗濯するときには、衣服を裏返しにしてからネットに入れてください。そうすることによって衣服がクッションになり装飾の破損を防ぐことが出来ます!

汚れがついてしまった場合は汚れてる方を外側に

シミなどの汚れの付いてしまっている衣服を洗濯するときは、汚れの部分が外側になるようにネットに入れます。内側にしてしまうとどうしても汚れが落ちにくくなってしまうので外側にすることを忘れないようにしてください。汚れのひどいものやすぐに落とせそうな汚れに関しては事前に洗い流してからネットに入れるようにしましょう!

種類豊富なダイソー商品がおすすめ

使いやすいサイズのYシャツ用

洗濯ネットにもいろいろな大きさがありますが、一番使いやすいサイズはYシャツ用の洗濯ネットです。このサイズの洗濯ネットなら、縦に一枚入れて使うこともできますし、横に二枚並べて入れることもできますよ。

多少の厚みがあるものでも入るので、大活躍間違いなしのサイズです。数枚持っておくと、いろいろな洋服をつめることができて便利ですよ。

毛布も入る特大ネット

こちらの特大サイズの洗濯ネットなら、かさばる毛布やタオルケット、シーツも余裕で入るので便利ですよ。毛布はシングルサイズだけでなくダブルサイズも入るので、一つは持っておきたい洗濯ネットです。

毛布は毛布単体で洗濯する方も多いですが、シーツ類は他の洗濯物と一緒に洗う方も多いですよね。しっかり洗濯ネットに入れておくことで、他の洗濯物とのからみを防ぐことができて便利ですよ。

ブラジャーやインナー専用も

ダイソーにはこんなにかわいくておしゃれなブラジャーやキャミソールなどのインナー専用の洗濯ネットもありますよ。洗濯ネットはあまりかわいいものとかおしゃれなものはありませんでしたが、これは文句なしではないでしょうか。

目が細かいので、大切なブラジャーやインナーも洗濯のダメージからしっかり守ってくれますよ。ついつい見せたくなる洗濯ネットですね。

おすすめの洗濯ネットをご紹介

ブラジャーやランジェリーに

こちらのとても可愛らしい洗濯ネットは、デリケートなブラジャーやランジェリーなどを入れて洗濯するのにぴったりです。コロンとした立体的なフォルムがとてもかわいいですね。

かわいいだけではなく、ブラジャーなどの形を崩さずにキープしてくれますから、愛用のブラジャーも長く使うことができますよ。こんなかわいいのに100円なのがまた嬉しいですね。

おしゃれな洗濯ネット

かわいいものよりかっこいいもののほうが好きという方には、こんな洗濯ネットがおすすめですよ。ダイソーにはロゴ入りのかっこかわいいアイテムが増えてきていますが、洗濯ネット版もついに登場しました。

モノトーンインテリアで揃えている方にはもってこいのデザインですよね。ファスナーも黒でステキですね。白地に黒のロゴもステキですが、他のカラーがあってもかわいいかも。

洗濯ネットに入れても汚れが落ちるのか心配

ネットを使うことで汚れの落ち方が弱くなる場合も

洗濯ネットを使うことで衣服を保護出来ますが、逆にデメリットもあります。それは、ネットに入れない衣服に比べて汚れが落ちにくくなるということです。と言っても、普通に洗濯する分には何の支障もなくネットに入れていない衣服と変わらず選択することが出来ます。問題は、シミなどの汚れの付いてしまった衣服を洗濯するときです。汚れのある衣服をネットに入れてしまうとどうしても洗浄力が落ちてしますので、シミや汚れのある衣服は事前に洗い流すなどしてからネットに入れることをおすすめします。

特定の汚れがある時は事前に手洗いを

シミや汚れのある衣服をネットに入れる場合は、事前に手洗いをする!これは汚れを落とすのにとても大事なことです。すぐに落ちそうなシミや汚れは手洗いで洗い流しておくとネットに入れても汚れが落ちやすくなります!汚れの度合いによってはネットに入れて落ちなかったということもありますので、少し手間がかかってしまいますが落とせる汚れは事前に手洗いすることを忘れないでください。

洗濯ネットの収納アイデア

家事動線考えた収納方法

4f3f8fa4 b627 417a af95 065a911258fb

出典: pantry123.com

意外と困る洗濯ネットの収納ですが、こうやってハンガーに洋服のようにかけておく収納はいかがでしょうか。これなら邪魔になりませんし、洗濯ネットを濡れたままの不衛生な状態で片付けるということもありませんから、なんといっても衛生的なんです。

この収納方法でキレイに見せるコツは、洗濯ネットの種類を揃えることです。できるだけ柄物は使わずに、無地のもので統一するか、同じ柄物で統一するのがおすすめですよ。

洗濯機横の袋に入れて

写真のように洗濯機の横にフックを取り付けて、袋に入れて収納するという方法も使い勝手が良くて便利ですよね。この位置に取り付けることで、ささっと洗濯物をネットに入れることができますし、洗い上がった洗濯物をネットから取り出したあとにも、ささっと片付けることができます。お気に入りの袋をかけておけば、洗濯するたびに気分も上がっちゃいますね。

工夫しだいでいろんな収納にも使える

100均フックで冷蔵庫収納に

洗濯ネットは洗濯以外にも有効活用することができるんですよ。その一つが100均のフックを上手に利用して、冷蔵庫内の散らばりがちな小物を収納する方法です。

このやり方なら、冷蔵庫の整理以外にも、冷蔵庫の外側に取り付けてダイレクトメールの整理に利用することもできますよね。フックが二つあればどんなところでも大活躍です。

洗濯物を入れておくのにも使える

洗濯ネットを利用して、洗濯物の仕分けもできますよ。衣類を長持ちさせるためには、洗濯物事に洗うのがベストです。タオル、色柄物、白いもの、黒いものと、カゴで分けるとなるとかなりの場所が必要になります。ですがこの洗濯ネットと100均のフックを利用することで、簡単に分別することができるようになります。家族にも協力してもらって、洗濯を楽にしましょう。

オフシーズンの衣類収納に

2c5b0019 af19 4bfb add1 cb139339e1a0

出典: cataso.jp

衣替えしたあとのオフシーズンの洋服って、ホコリやシワなんかがきになりませんか。いざ着ようと思っても、ホコリやシワがついてしまっていて、結局全部一度洗濯をしなければいけなくて余計な手間が掛かってしまったり。

そんなときに活躍してくれるのが、洗濯ネットです。洋服を少しゆとりを持って入れておくことで、ホコリやシワから守ってくれます。

おすすめの収納アイデア画像(1)

スーパーのレジ袋って収納に困りますよね。でも洗濯ネットとフックを上手に利用することで、このようにとてもすっきり収納することができるんですよ。

レジ袋専用のストッカーを購入すると、数千円しますが、洗濯ネットとフックなら200円ほどで揃えることができますから、ローコストで嬉しい限りですね。この収納ならうっかり誰かに見られても大丈夫ですよ。

おすすめの収納アイデア画像(2)

浴室の子供のおもちゃの収納に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。写真のように洗濯ネットとハンガーを組み合わせることで、こんなおもちゃの上手な収納ができるんですよ。

洗濯ネットは穴があいていますから通気性も良いので、カビが繁殖しやすいお風呂場のおもちゃも、しっかり水が切れ、カビが繁殖する心配もありませんよ。

ランドリー収納が参考になるブログ

洗面所が狭くて、思ったような収納ができないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんなときに参考にしたいのが、上手にランドリー収納をいているブロガーさんのブログです。

もちろん注文住宅などで、広くてステキな洗面所を紹介しているブロガーさんもいますが、マンションや建売住宅の一般的な洗面所を上手に利用してランドリー収納しているブロガーさんもいるので、とても参考に。

OURHOME

乾燥機に洗濯ネットって使えるの?

乾燥機には洗濯ネットは使えない?

洗濯ネットに入れて洗濯物を洗ったあとは、ネットに入れたままの状態で乾燥機にかけたいですよね。いちいちネットから洗濯物を取り出すのはとても面倒です。

ですが残念ながら普通の洗濯ネットは、乾燥機に対応していないため、洗濯ネットに入った洗濯物をそのまま乾燥機にかけることはできませんので、注意が必要ですよ。

乾燥機付き洗濯機用の洗濯ネット

乾燥機を使うときに、わざわざ洗濯ネットから洗濯物を取り出すのが面倒!という方は、乾燥機付き洗濯機用の洗濯ネットを使うのがおすすめですよ。

乾燥機付き洗濯機用洗濯ネットを使えば、そのまま乾燥機にかけることができますから、時間も手間も省けますよ。お値段は一般的な洗濯ネットよりも少し高めですが、面倒なのは嫌な方は購入してみてはいかがでしょうか。

ちょっと話題のアメリカでの洗濯乾燥機の使い方

こちらはアメリカの洗濯機と乾燥機の使い方の動画です。この動画、ちょっと話題になっているようですね。もちろん英語ですが、英語がわからなくても動画を見ていれば内容はわかるので心配いりませんよ。アメリカでは洗濯するときは洗濯ネットを使うのが一般的なようですが、乾燥機に入れるときには洗濯ネットから出しています。

通販でも人気のかわいい洗濯ネットをご紹介

そのまま持ち運びもできる

通販だとかわいい洗濯ネットがたくさん売っていますよね。こちらの洗濯ネットなら、ものすごくデザインもかわいいですし、色も女の子が大好きなピンクなので、洗濯の度に気分も上がります。

持ち手がついていますから、旅行のときの小分けバックとしても使えますし、温泉や銭湯に持って行っても良いですよね。一つ持っているといろいろなシーンで大活躍ですよ。

かわいいスマイル柄

スマイル柄がキュートな、こんな洗濯ネットも通販ならではですよね。立体的になっているので、ブラジャーなどの型崩れしやすいものも、安心ですよ。このデザインなら出しっぱなしでも良さそうですね。

ピンクと薄い紫色の色使いに女の子らしさを感じる洗濯ネット。お値段はちょっと高めですが、かわいいもの好きには堪らないですね。

洗濯ネットで代用できる意外なもの

防虫ネットとして

E567019e 6762 42de aa55 43ad0566b326

出典: p.twipple.jp

洗濯ネットで代用できるものは意外と多いんですが、例えばこちらのようにプランターに被せると、防虫ネットに早変わりです。防虫ネットを園芸店やホームセンターで購入すると、結構高いんですが、洗濯ネットなら100均で購入することができるのでお得です。

ベランダ栽培などで野菜などを育てると、虫がつくので大変ですが、これなら小さな虫だってしっかり防いでくれますよ。もちろんネットの目は細かい方で。

干物にも

最近では自分で野菜を干したり、魚の干物を作るという方も多いようですが、そんなときにも大活躍してくれるのが、洗濯ネットなんです。干物をすると、虫や鳥につつかれたりして衛生的に気になる場合でも、洗濯ネットに入れて干すことで、虫や鳥から干物を守ってくれます。

これで気にするのは、お天気だけになりますね。

虫取り編みの補修に

子供の虫取り編みが破れて、大きな穴があいてしまうこともよくありますよね。わざわざ新しく虫取り編みを購入するのも、なんだかもったいないと思いませんか?

そんなときは、洗濯ネットを利用して虫取り編みを補修しましょう。虫取り編みのネットを全部外して、洗濯ネットをアミの輪っかに被せてしっかり止めるだけでOKだからとても簡単ですよ。

旅行のお供にも

旅行に持って行けるような可愛いアイテムもあります。帰宅したら、そのまま洗えちゃうので便利ですよね♪

猫の移動やお世話に使えるらしい

動物病院に連れて行くときなどに

ねこちゃんを動物病院に連れて行くのは大変ですよね。そんなときに役に立つのが、洗濯ネットなんです。ねこちゃんを洗濯ネットに入れて、抱っこすると、暴れて引っ掻いたりすることもなく、おとなしくしていてくれるんですよ。

もちろんねこちゃんにとっても息が苦しいということもありませんし、嫌いな病院でも頑張ってくれます。ねこちゃんの逃走防止にぜひ利用してみましょう。

ネットはどのくらいの大きさなら良いの?

0792eac7 539f 481d bb46 ebfabdae36cf

出典: www.ttcbn.net

ねこちゃんを洗濯ネットに入れる場合にベストな大きさは、猫ちゃんが手足をちゃんと伸ばせるくらいの余裕がある洗濯ネットです。ねこちゃんが体を縮ませて窮屈にしないといけないような大きさだと、嫌がって暴れてしまいますから、ある程度の余裕は必要ですね。

万が一、爪が引っかかったりしないように、洗濯ネットの目は細かいほうがおすすめです。

猫の入れ方

ねこちゃんを洗濯ネットに入れる方法は、とても簡単です。片手で抱っこして、そのまま洗濯ネットに入れてファスナーを入れればOKです。もしねこちゃんが嫌がって暴れた場合には、ねこちゃんにタオルなどをかけて、タオルと一緒に包んで洗濯ネットにいれます。

タオルなどと一緒に包んで洗濯ネットに入れてしまえば、暴れることもあまりなく簡単にできますよ。

シャンプーをするときにも

シャンプーを嫌がるねこちゃんって多いですよね。毎回手を焼いている飼い主さんも多いのではないでしょうか。そんな大変なねこちゃんのシャンプーのときにも活躍してくれるのが、洗濯ネットなんです。

洗濯ネットに入れてからシャンプーすると、ねこちゃんが嫌がって逃げたりしなくなりますし、爪を立てられて怪我をするということもなくなりますよ。一度試してみてはいかがでしょうか。

洗濯ネットを使った上手な洗い方

こちらでは、洗濯ネットを利用してねこちゃんを洗っている動画を見ることができます。顔部分だけ洗濯ネットから出して洗っていますが、まったく暴れたりすることもなく、おとなしくしてくれていますよ。全身洗濯ネットに入れられるのが苦手なねこちゃんの場合は、この動画のように顔だけ出しておくのも良いのかもしれませんね。ねこちゃんの洗い方の参考にしてみてはいかがでしょうか。

爪切りにも大活躍

ねこちゃんを飼っている人は、毎回この爪切りに苦戦しているのではないでしょうか。そんな飼い主泣かせの爪切りも、洗濯ネットを使うことで簡単にできるんですよ。

ちゃんと爪を切りやすいように、使用する洗濯ネットは目が粗めのものがおすすめです。目の隙間から爪を出して、専用のはさみや爪きりで一気にチョキンとやってしまいましょう。

暴れる猫を安全に捕獲する方法

こちらの動画では、嫌がってなかなかおとなしく洗濯ネットに入ってくれないねこちゃんを、上手に洗濯ネットに入れる方法を見ることができます。最初は洗濯ネットに大人しく入ってくれていたねこちゃんでも、洗濯ネットに入れられて病院へ行ったり体を洗われたりすると、洗濯ネットを見ただけで逃げ出してしまうこともあります。トマウマができてしまうようですね。そんなときはぜひ、こちらの動画を参考にして安全にねこちゃんを捕獲しましょう。

コツ・ポイント

ひとつの洗濯ネットを使い分けていたアナタ。衣類は、それぞれ適したお手入れ方法が決まっていて、それに合わせた洗濯ネットもたくさん出ていることに筆者も気づきました。長く丁寧に着用するために、衣類に合わせた洗濯をしてあげましょう。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。

いいなと思ったらシェア♪

このまとめに付けられたタグ

viewView
364920
likeお気に入り
6967

アクセスランキング

昨日人気のあった「掃除・洗濯」に関するまとめ