2016年09月02日更新

マスキングテープでセルフネイル。かわいいデザイン例とアレンジ術

マスキングテープを使ったネイルは剥がすのも簡単で大人気。マステをそのまま貼るだけ、切り抜くだけと簡単にできるので不器用な方にもおすすめです。シンプルなボーダーやドットから、派手な柄モノやラメ入りのデザインまで。すぐに真似できるアイデアばかりです。

マステがセルフネイルに大活躍

流行ネイルもマステで簡単に

身の回りのものを簡単にかわいく変身させるマスキングテープ。ポップなものやかわいいもの、ユニークなものなど人気が高まるにつれさまざまなデザインのものが出てきました。そのマスキングテープが、ネイルにまで使えるとは、驚く方も多いはず。

すでにマステを使ったネイルに挑戦された方にとっても参考になる素敵なデザインを集めました。

簡単!マステネイルの方法

準備するもの

%e6%9d%90%e6%96%99 1024x768

出典: be-agent.jp

・はさみ
・鉛筆
・トップコート

はさみは、眉毛用など小さいサイズのほうが細かい部分を切りやすいのでおすすめです。また、トップコートも、ネイルラッカーでもちろんOKですが、ジェル用ならもっと強固になります。

1.マスキングテープを必要な分だけカット

マスキングテープを爪より少し大きいかなと感じるくらいのサイズにカットします。柄のマステは好きな柄が爪に貼れるように調整してくださいね。

爪ごとにカットするのもいいですが、少し長めにカットして後から爪ごとに分けるのもおすすめです。

2.爪に貼ってサイズを確認

%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%97%e5%88%87%e3%82%8a%e5%8f%96%e3%82%8a

出典: be-agent.jp

カットしたマステを爪に貼っていきます。実際に貼ってみると少し小さかった!なんてこともあるので、注意しましょう。自分の好きな位置に柄がきているかの確認も忘れずに。

このときマステの色が映えなくて嫌だなと感じた場合は、マステの地の色を同じマニキュアを塗りましょう。そうすることで、きれいなネイルになりますよ。

3.印に合わせてはさみで切って

1448436006451

出典: fanblogs.jp

爪の形を確認しながら、鉛筆でトリミングしていきます。はさみでカットするときには鉛筆の内側を切っていきますから、ほんの少しだけ外側に印をつけると◎

印をつけたらはさみでカットしていきます。刃先が細いはさみを使った方がきれいに切り抜けます。きれいに仕上げるためにここは丁寧に作業しましょう。

4.しわにならないように再び爪に

1度剥がしたマステを再び爪に貼っていきます。このときしわにならないように丁寧に、慎重に貼りましょう。貼って剥がすという手間が面倒に感じる場合は、爪に貼ったまま切っても大丈夫ですよ。

この大きさに合わせて5本指のサンプルを左右で1セット用意しておくと、次回から作りやすいですね。

5.トップコートを塗って完成

%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88%e4%b9%be%e7%87%a5

出典: be-agent.jp

最後にトップコートを塗ったら完成です。普通のトップコートだけでなく、ラメ入りのものを使って華やかにしても◎

マステの種類によってはトップコートを塗ると、色が落ちてしまう素材もあります。実際に爪に貼る前に確認しておきましょう。

ジェルネイルも自由自在にアレンジ

0df0d688e8223d9a4f4cffc276c01f76 300x300

出典: shibukaru.com

ジェルにもマステは使えます。複雑なデザインもマステを使えば一発で完成するのは嬉しいですよね。マステを貼ってからいつもと同じようにジェルネイルを施すだけ。

剥がし方などは普通のジェルネイルと同じです。ジェルネイルの方がかわいいネイルが長持ちし、ネイルの時間も短縮できます。慣れたら普通にネイルするよりも時短に。

マステネイルを長持ちさせるコツ

何もしないと1~2日で剥がれる

20160519061416

Licensed by gettyimages

マスキングテープを使ったネイルは、マスキングテープの性質上、水や摩擦に弱いという、デメリットがあります。何も工夫をしなれば約1〜2日で剥がれてしまうという声が多いです。

頻繁に水作業をしたり、細かな手作業をしている人は、すぐに剥がれてしまうことも。できるだけ長持ちさせるための3つのコツをご紹介します。

コツ1:爪より一回り小さくカット

Il 570xn.791738986 l7tc

出典: www.etsy.com

マステを爪のサイズに切るとき、ほんの少しだけ小さく切るだけで剥がれにくいネイルに変身。このひと手間でトップコートがマステと爪をしっかりくっ付けてくれます。

鉛筆で型どった印よりも内側を切るイメージで作業するとうまくできますよ。

コツ2:トップコートを重ね塗り

20160519061649

Licensed by gettyimages

普段のネイルでは1回しか塗らないトップコートも、マステネイルのときは3回ほど重ね塗りをしましょう。マステと爪の隙間を埋めるように丁寧に重ね塗りしてくださいね。もともとトップコートは剥がれやすいものなので、毎日塗り直しても◎

ちょっとした工夫でマステネイルが長持ちするのは嬉しいですね。

コツ3:ラメで補強しても◎

Uas

出典: weddbook.com

ラメ入りのトップコートやマニキュアをを塗っても、剥がれにくくなります。ラメが入ることでより接着が強くなるだけでなく、見た目も華やかなネイルに。いつもとは違ったマステネイルを楽しみたい方にもおすすめです。

普段のネイルでラメは剥がしにくくて敬遠しがちですが、簡単に剥がせるマステネイルでは気軽に取り入れられます。

剥がし方もとても簡単

13724446 147135189053211 850788291 n.jpg?ig cache key=mtmwnjixmdy3otq5mziwnty3oa==

出典: tagsecond.com

いつものネイルでは落とすのに時間がかかって、あまり楽しめないという方も多いと思います。しかしマステネイルでは、マステを剥がすようにぺロッと剥がせて便利です。道具がなくても剥がせるため、休日しかネイルができないという方に人気が出ています。

爪とマステが接着しすぎている場合はピンセットで隙間を作ったり、水で濡らしてふやかしたりしましょう。

マステの柄を活かしたデザイン

季節を問わずに人気のチェック

11906208 1650940151850323 184107017 n

出典: ink361.com

季節を問わず人気のチェック柄、自分でやると大変ですよね。マステを使えば自分好みのチェック柄ネイルが簡単にできます。同系色のチェック柄でまとめても◎

全部をチェック柄にしたり、部分的に取り入れたり。複雑なデザインもマステを使えばあっという間にできてしまいます。

ボーダー柄のデザインを活かす

すでにボーダー柄がかわいいマスキングテープのデザインは、そのデザインを活かしたネイルにすることで、作る楽しさも見る楽しさも倍増します。

爪の大きさにぴったりのボーダー柄の太さは、とてもマスキングテープとは思えませんね。アイデアが活きるマステネイルデザインです。

見るだけで元気になるカラフルドット

カラフルドットは見ているだけでも元気になるので、人気のデザインです。セルフネイルではドットの大きさが異なったり、形がゆがんでしまったりしますよね。ドット柄のマステを使えば、均等なドットがあっという間にできます。

マステを貼って爪の色が見えてしっくりこない場合は、マステの色と同じマニキュアを塗るなど工夫しましょう。

2色使いのドットがかわいい

小さなドットを組み合わせてこんなに細かいドットを自在に組み合わせできるのもマスキングテープの魅力です。好きなように貼って、さまざまなデザインを楽しみましょう。

もし失敗したとしても、マスキングテープならすぐに貼り替えられるから安心ですね。

指先から春を呼び込んで

ネイルでは表現しにくい繊細な花柄デザインもマスキングテープを貼るだけで実現できます。柄のつなぎ目を意識する必要がないので、小さなデザインはとても便利です。

季節に合わせたデザインにすることで、季節感を出したハイセンスなネイルに仕上がります。

細かなデザインも貼るだけなのが嬉しい

指ごとに違うデザインを楽しみたい場合も、1つでさまざまなデザインを持つマステを使えば簡単です。マステを変える手間も省けるので時間のない方にもおすすめ。

探してみると1つでいろいろなデザインになっているマステはたくさんあります。切る部分や切り方によって違った印象になりますよ。

マステとマニキュアを組み合わせて

マニキュアを数本塗り、残りの爪にマスキングテープを貼ります。指を互い違いにしても良いですね。シックな黒にカラフルで幾何学的な花模様が映えて、指先にぱっと目線がいってしまいますね。

マステに使われている色のマニキュアを使うと全体的に統一感が出て、すっきりした印象に。

2つのマステを合わせてもおしゃれ

Blcjc41ciaazct3

出典: twicolle.com

半透明のマスキングテープを使って、2つのマステを重ねてアレンジするのも1つのアイデアです。大人の雰囲気が漂うモダンでシックなデザインに仕上がっていますね。

マステの組み合わせ方や重ねる順番によって全く違った雰囲気になり、1つのマステでさまざまなネイルが楽しめます。

グラデーションも簡単

グラデーションネイルをするためにさまざまなアイテムが出ていますが、きれいに施すには時間や技術が必要です。そんなときもマステを使えば、難しいグラデーションネイルも簡単にできます。

違うデザインのマステを重ねて貼ってもおしゃれですね。TPOに合わせて素敵なデザインを考えるのも◎

フレンチネイルもあっという間

爽やかなグリーンストライプを爪先に

春や夏に使える爽やかなミントのようなグリーンストライプのマスキングテープもネイルデザインにぴったりです。爪先に合わせて切ってフレンチネイルのような仕上がりに。

フレンチネイルの縁取りが苦手な人も、マスキングテープだったらきれいな曲線が完成します。

くり抜いて作るデザインネイル

定番のハート切り抜きも簡単に

道行く人のネイルを見て、一体どうやってハートのくり抜きをするんだろう?と思ったことがある人もいると思います。実はマスキングテープで簡単にできます。

マステをハートでくり抜いて、爪に貼ってマニキュアを塗り、乾いてから剥がしているだけです。特に必要な技術などもなく、簡単にかわいいハートのくり抜きのネイルができるなんて、夢みたいですね。

型抜きを使えば十字も

100円ショップなどで売っている十字の型抜きを使ってマスキングテープを型抜きすれば、十字のくり抜きネイルも簡単にできます。十字のくり抜きネイルはなかなか見かけないので、個性を出すのにぴったり。

型抜きを使わなくても十字の描いてあるマスキングテープの十字の部分を切り取って行っても◎

くり抜きの中に模様を入れて

丸くくり抜いたネイルだけでも十分かわいらしいのに、くり抜きの中に模様を入れるのもおしゃれですね。模様は自分で書いてもいいし、マステを使ったりしても◎

中の模様やネイルの色を変えるだけで簡単に季節感のあるネイルに変身します。

2色展開のくり抜きでおしゃれ度アップ

同じくり抜きネイルでも、色を1つ増やすだけでより魅力的な手元に。1色目はいつも通りにマニキュアを塗り、乾かします。自分のくり抜きたい形のマスキングテープを爪に貼って2色目を塗り、乾燥したのを確認してからマスキングテープを剥がすだけです。

マスキングテープを小さくしていくことで、より複雑で色の種類も多いくり抜きネイルもできますよ。

マステを切り抜いて部分的に貼っても◎

かわいいデザインのマステを切り取って使うのもおすすめです。全ての指に貼るのではなく、ワンポイントとして切り抜いたマステを使えばアクセントにもなります。

爪全体にマステを貼るやり方よりは少し手間がかかりますが、その分マステを使っていると分からないようなデザインに。

キュートなリボンもおすすめ

三角に切ったマステを組み合わせて、リボンのようにするネイルもおすすめです。三角の大きさを統一するときれいなリボンになりますよ。もちろん、リボン柄のマステを切り抜いて使っても◎

女性ならみんな1度は試したくなるリボンネイル、マステを使って簡単に挑戦してみませんか?

デザインを活かしてアート風に

マスキングテープの柄を部分的に楽しみたいときは、好きな大きさに切ってから、爪に貼り付ける方法もあります。切る大きさも形もお好みで。まるでアートのような感覚でネイルデザインを楽しめます。

三角に切って重ね貼りして

単色のマステはあまり使い道がないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。三角や四角など好きな形に切って、重ね貼りをするだけでデザイン性の高い素敵なネイルに変身します。

指ごとにデザインを変えたり、左右の手で統一したりしてもいいですね。

組み合わせも自由自在に

同じく、マスキングテープを好きな形に切り取って組み合わせるアイデアです。全く同じ形じゃなくランダムに切っても色と形の組み合わせ次第で、センスの良いネイルに。

ストーンやスタッズと合わせて

シンプルにマスキングテープを爪全体に貼ったあと、その上をデコる方法もあります。上にシールやストーン、スタッズなどを貼り付けてもかわいらしいですね。

マスキングテープの表面は平らでツルツルしているため、パーツを貼り付けるのにも最適です。

同系色のマステで統一感を

異なるデザインのマステでも同系色でまとめるだけで統一感のあるネイルに。色の基準を持っていればマステを選ぶのもスームズに済みます。

緑のチェックのマスキングテープを使ったら、他の指には単色のグリーンのポリッシュを塗る、という方法も。他にも色ではなく模様をリンクさせるのもおすすめです。

指ごとにマステを変えても

お気に入りのマスキングテープが2本あってどっちも使いたい!というときは、1本だけポイント使いにすることも。もちろん、交互にデザインを変えるのもおすすめです。

マスキングテープのデザインとネイルに使うパーツ次第で、いろんな表情のネイルデザインが楽しめます。

ホログラムと合わせて

宇宙風のマステは大人気で持っている方も多いですよね。そのマステをホログラムなどと合わせるだけで、簡単に宇宙のようなネイルに。ホログラムやラメのキラキラがより宇宙っぽさを出してくれます。

ホログラムやラメ以外にも折り紙やビーズを使うのも◎

細かく切って貼るだけも

マスキングテープを細かく切ってクリスタルのようなアートに。深いブルーとシルバーの相性がよくとてもきれいですね。こうして素材の全く違うスワロフスキーのラインストーンと合わせるのもおもしろいですね。

シックでありながらきらびやかな雰囲気が素敵。

マステの角でツートーンブロックに

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab

出典: be-agent.jp

2トーンブロックもお手のもの。マスキングテープの角を利用すれば、きれいに直角三角形を描けます。

指によって色を反転させた2色づかいがおしゃれです。

ボーダーネイルもマステで簡単に

1.細く切ったマステを爪に

Column.org.5fajc4szpwmsehnadfjb4vrfzm6p7cih

出典: latte.la

2色のボーダーにしたい場合は爪にマニキュアを塗ってしっかり乾燥させてください。ボーダーにしたい幅にマステを切って爪に貼ります。このときテープの粘着力が強いと、後で下地のマニキュアが剥がれてしまうこともあるので粘着力を落とすのを忘れずに。

細幅のマステをそのまま使えば、時短にもなりますよ。

2.いつも通りマニキュアを塗って

4447cdd9d063fab58107283f93bbe19b

出典: www.cosme.net

テープが剥がれないようにマニキュアを塗り、乾燥させます。このとき何度も重ね塗りをしてしまうと、高低差が出てボコボコとした見た目になってしまうので注意してくださいね。

テープを長めにしておくと、ずれずにきれいに塗れます。テープの幅を少し広めにすればボーダーごとに色を変えることも可能です。

3.マステを剥がして完成

マニキュアがしっかり乾燥したのを確認してから、マステを剥がしたら完成です。ボーダーの仕切りが気になる場合はラインテープを使ったり、ラメを塗っったりしましょう。

ボーダーは色を変えるだけで季節感が出るので、取り入れやすいですよね。マステがない場合はセロテープでも代用可能です。

ストライピングテープもおすすめ

ストライピングテープとは

ネイル用の極細ラインテープをストライピングテープと言います。自分で好きな長さに切って使えるので、とても便利です。そのまま使ってもいいし、ボーダーネイルに使用しても◎

100円ショップでも購入できるので、気軽にネイルに取り入れられます。さまざまな色があるので、どれにしようか迷ってしまいそうですね。

細いボーダーも素敵

手で引くのは難しい細いストライプもこの通り。白を塗る→乾かす→ストライピングテープをボーダーに貼る→黒を塗る→ストライピングテープを剥がすという手順で簡単に。

白と黒のコントラストがさわやかで夏にぴったり。

ブロック分けも簡単に

ストライピングテープを使うことで、きれいにブロックを分けられます。ホワイトとライトブルーの爽やかな2色を、シルバーのストライピングテープで分けることでくっきりとシャープに見せています。

適当に貼るだけで複雑なデザインに

ストライピングテープを斜めにかつ複雑に交差るだけで、こんなにおしゃれなネイルに。全ての指につけていないため、シンプルでとても上品で優しい仕上がりになっています。

少し改まった席でもこのくらいの遊び心を身につけていきたいものですね。

仕切りとしても大活躍

はっきりしたイエローと白地にカラフルなドット。対照的なブロックの間にストライピングテープを貼ることでどちらもよりくっきりと際立つネイルとなっています。

原色使いは手元を明るく演出してくれますね。

入り組んだデザインも

こんな入り組んだデザインもストライピングテープならできます。この後、色を重ねてテープを剥がせば、白いラインが浮き上がり、中央のストーンの輝きが増すでしょう。優雅なデザインです。

足元もマステで簡単おしゃれに

ペディキュアにもマステを使って

11256258 1397636723896854 2146150336 n

出典: mulpix.com

基本的なやり方は、マニキュアと同じです。マスキングテープを爪に貼り付ける際、手の爪より足の爪の方が小さいのでピンセットがあった方が作業しやすいです。また、ベースコートを塗った方が自爪の保護にもなるので、持っている人は塗りましょう。

マリメッコみたいな模様も

とてもマスキングテープを使用したとは思えない、マリメッコのようなペディキュアですね。マスキングテープの好きな模様のところを足の爪に合う大きさに切り、その模様だけを貼って目立せても◎

マスキングテープなら貼って剥がすだけなので、その日の気分などでいくらでもデザインを変えられるところも魅力的ですよね。

幅を変えたデザインが素敵

幅の違うストライプ柄のマスキングテープを斜めに貼ったり、複雑に絡ませたりしている素敵なペディキュアです。ストライプのマスキングテープだと、ボーダーやストライプとして使用してしまいがちですが、このように色や細さごとに切って模様を作るのもいいですね。

他の人には真似できない、自分だけの個性溢れるデザインにしましょう。

流行りのデニム風もマステで

自分ではできないデニム風のネイルも、マスキングテープを使えばこんなに簡単にきれいにできます。マット風に仕上がるトップコートを塗って、よりデニム感を出して。

セルフではなかなかできないようなデザインも、マスキングテープを使えばあっという間にできます。アルファベットの書かれたマスキングテープを貼れば、おしゃれ度がさらにアップしますね。

足元と色合いを合わせて

マスキングテープを使ったペディキュアは、ジェルやポリッシュのように模様を描いたり乾くのを待ったりする時間がないため、気が向いたらその日履くサンダルに合わせて気軽にネイルチェンジが可能です。

イラストの部分使いを楽しむ

大きめのマスキングテープだったりしたら、使いたい部分をピンポイントでネイルに装着できるので便利です。使いたいイラストやデザインを狙って、可愛く爪先をデコりましょう。

コツ・ポイント

マスキングテープを使ったネイルもさまざまな方法やデザインがあって、奥が深いですね。ついついたくさん買ってしまうマステも「ネイルにも使えるかな?」と考えて購入すれば、無駄なく使えます。ちょっとした工夫をすれば通常のネイルと同じように長持ちするので、いろいろ試してみてくださいね。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。

いいなと思ったらシェア♪

このまとめに付けられたタグ

viewView
300312
likeお気に入り
3591

アクセスランキング

昨日人気のあった「ファッション」に関するまとめ