2016年06月29日更新

マスキングテープでセルフネイル。可愛いデザイン例とアレンジ術

マスキングテープを使ったセルフセイルをご紹介。不器用さんでも簡単にチャレンジできるその方法と、アイデアが広がるデザインを集めました。どんなデザインにするか迷っている人、このページを見れば素敵なアイデアとデザインが見つかりますよ♪

マスキングテープをネイルに活用?

インテリアに、雑貨にと何かと使えるマスキングテープ。ポップなもの、可愛いもの、モダンなもの、ユニークなもの、人気が高まるにつれ、デザインも本当にさまざまなものが出てきました。そのマスキングテープが、ネイルにまで使えるとは、驚く方も多いはず。

ネイルは、そもそも液体を塗るものなのに、テープをどうやって使うの?

さっそくそんな疑問にお答えします。

簡単!マスキングテープを使ったネイルに挑戦!

まずは基本のやり方からご紹介!

まずは、好きなデザインのマスキングテープを選びましょう。マスキングテープは剥がしやすく跡が残らないので、いろんなテープを試しに貼ってみて選ぶことができるのも嬉しいですね。

用意するもの

20160519055343

Licensed by gettyimages

・はさみ
・鉛筆
・トップコート

はさみは、眉毛用など小さいサイズのほうが細かい部分を切りやすいのでオススメです。また、トップコートも、ネイルラッカーでもちろんOKですが、ジェル用ならもっと強固になります。

STEP1 爪の大きさに合わせてマスキングテープをカット

後で爪に合わせて切りますから、最初は爪より少し大きめにカットします。柄のつなぎめが自分のお好みになるよう、ちょうどいい場所でカットしてみてくださいね。せっかく剥がしやすいマスキングテープを使っているので、実際に爪に乗せてみてちょうどいい場所になるように何度もやり直してみるといいかも。こだわるほど、素敵なネイルアートになりますから♪

STEP2 サイズを確認

そのシールを、できるだけしわがよらないように爪に貼ってみましょう。ちょうどいい場所にデザインがくるようにサイズ合わせをします。この段階では、マスキングテープはまだ爪からはみ出しています。

STEP3 トリミングの印付け

爪の形を確認しながら、鉛筆でトリミングしていきます。はさみでカットするときには鉛筆の内側を切っていきますから、ほんの少しだけ外側にしるしをつけると良いでしょう。きれいに仕上げるためにここは慎重に丁寧に作業しましょう。

STEP4 はさみで形を整える

いったん剥がして、はさみで切って形を整えます。ここも丁寧に行います。
爪の大きさに合わせてそれぞれの指で作っていきます。
この大きさに合わせて、5本指のサンプルを左右で1セット用意しておくと次回から作りやすいですね。

STEP5 自爪に貼ってトップコートを塗る

トップコートを塗って、つや出ししたら完成!
先に書いたように、トップコートは何回か重ね塗りしてください。このように爪全体にマスキングテープを貼る場合は、爪先と根元は特に念入りに塗りましょう。

写真のネイルアート、指によって向きを変えて貼ってオリジナリティが出ていますね♪
こんな風に簡単にできる、マスキングテープで作ったネイルデザイン。ちょっとしたコツも合わせていくつか紹介していきましょう。

マスキングテープで簡単にネイルアート!参考にしたい使い方

1. 「チェック」

11906208 1650940151850323 184107017 n

出典: ink361.com

季節を問わず人気のチェック柄。自分好みのチェックのマスキングテープを見つけてネイルにできるなんて嬉しいですね。

2.「ハートのくり抜き」

道行く人のネイルを見て、一体どうやってハートのくり抜きをするんだろう?と思ったことがある人もいると思います。

実はこれ、マスキングテープをハートでくり抜いて、爪に貼ってマニキュアを塗り、乾いてから剥がしているだけです!特に必要な技術などもなく、簡単にかわいいハートのくり抜きのネイルができるなんて、夢みたいですね!

3.「カラフルドット」

マスキングテープは、素材が薄くヌーディーな透け感があるものも多いです。そのため自爪の色が見えてしまうとしっくりこないことも。そんなときは、カラフルなかわいいドットが映えるよう、下地に白のカラーを塗ってみます。より色味がはっきりするのでおすすめです。上から異なる色をマニキュアで混ぜてもいいですね。

もし、無地のマスキングテープがあったら、それを下地として使い、その上にマニキュアを落とす、という方法もあります。

4.「花柄」

小花柄で華やかに♪こうしたデザインなら、ネイルでは表現しにくい繊細な花柄デザインもマスキングテープを貼るだけで実現できるので楽チンですね。柄のつなぎ目を意識する必要がないので、小さなデザインはとても便利です。

最近では、こうした柄の絆創膏(ばんそうこう)まで販売されていますよね。「指先」は、おしゃれな女子は当然のごとく意識する場所。手元をフェミニンな柄にすることで、気分も女子モードになります。

5.「細かい総柄デザイン」

こういった細かいデザインなら、マスキングテープを切る場所がまちまちでもデザインが均一になるのでおすすめ。ぶきっちょさんでも大丈夫!遠くからみるとネイル同然です。淡い色味に等間隔ではないラインの並びがとてもおしゃれですね。

6.「シール3本+単色2本」

マニキュアを数本塗り、残りの爪にマスキングテープを貼ります。指を互い違いにしても良いものです。シックな黒にカラフルで幾何学的な花模様が映えます。指先にぱっと目がいってしまいますね。

7.「細かく切ってアートにする」

テープを細かく切って、クリスタルのようなアートに。深いブルーにシルバーを煌めかせて。こうして素材の全く違うスワロフスキーのラインストーンと合わせるのもおもしろいですね。シックでありながらきらびやかな雰囲気が素敵♪

8.「2デザインを組み合わせる」

Blcjc41ciaazct3

出典: twicolle.com

マスキングテープは半透明のものもありますから、こうして2つのシールを重ねて使うのも一つのアイデア。大人の雰囲気が漂うモダンでシックな装いに似合うデザインですね。

9.「ドット×2色」

小さなドットを組み合わせて。こんなに細かいドットを自在に組み合わせできるのもマスキングテープならではです。思いっきり遊んでしまいましょう。もし失敗してもすぐに貼り替えられるマスキングテープだから大丈夫!

真似してみたい!マスキングテープネイルの作品集

簡単にできちゃうマスキングテープを使ったネイル、みんなはどのような使い方をして楽しんでいるのでしょうか?見ているだけでワクワクしちゃうマスキングテープネイルの実例集をご紹介します。

ボーダー柄のデザインを活かす

すでにボーダー柄がかわいいマスキングテープのデザインは、そのデザインを活かしたネイルにすることで、作る楽しさも見る楽しさも倍増します。

爪の大きさにぴったりのボーダー柄の太さは、とてもマスキングテープとは思えませんね。アイデアが活きるマステネイルデザインです。

マスキングテープのイラストに関連性を持たせる

誰もが大好きな「はらぺこあおむし」の明るい色彩で作られたマスキングテープのイラスト部分を上手に使ったネイルデザインです。ひとつひとつの絵を見るだけでも楽しく、親指部分を繋げると、なんとはらぺこあおむしが完成します。

遊びゴコロ溢れる楽しいデザインも、マスキングテープを上手に使えば簡単に実現しますね。

可愛過ぎるイラストはポイント使いで

簡易的に使えるマスキングテープネイルですが、可愛過ぎるイラストだったりした場合は、各指一本だけ使用する方法もあります。他の指はそのまま単色を塗布すれば、大好きだけど幼稚すぎるかも!?と感じるマスキングテープのデザインも、このアイデアなら臆することなく楽しめます。

爽やかなグリーンストライプを爪先に

春や夏に使える爽やかなミントのようなグリーンストライプのマスキングテープもネイルデザインにぴったりです。爪先に合わせて切ってフレンチネイルのような仕上がりに。

フレンチネイルの縁取りが苦手な人も、マスキングテープだったらきれいな曲線が完成します。

マスキングテープのデザインと色を組み合わせてアート風に

マスキングテープの柄を部分的に楽しみたいときは、好きな大きさに切ってから、爪に貼り付ける方法もあります。切る大きさも形もお好みで。まるでアートのような感覚でネイルデザインを楽しめます。

マスキングテープの重ね使いも

単色のマスキングテープだって、好きな形にはさみで切って、それぞれの形を組み合わせれば、立派なネイルアートのデザインに。シンプルだけど凝ったネイルが完成しますね。

マスキングテープを切り取って組み合わせを楽しむ

同じく、マスキングテープを好きな形に切り取って組み合わせるアイデアです。全く同じ形じゃなくランダムに切っても色と形の組み合わせ次第で、センスの良いネイルに。

ストーンと合わせて

シンプルにマスキングテープを爪全体に貼ったあと、その上をデコる方法もあります。上にシールやストーン、スタッズなどを貼り付けても可愛らしいデザインができます。マスキングテープの表面は平らでツルツルしているため、パーツを貼り付けるのにも最適です。

マスキングテープのイラストを切り抜いて

使いたいネイルデザインのテーマに合ったマスキングテープのパターンや模様などがあったら、その部分だけ上手にくり抜いて使う方法も。凝ったイラストだったりしたら、ネイルデザインのポイントになってくれます。

ふたつのデザインを組み合わせて

お気に入りのマスキングテープが2本あって、どっちも使いたい!というときは、一本だけポイント使いにすることも。

マスキングテープのデザインとネイルに使うパーツ次第で、いろんな表情のネイルデザインが楽しめます。

淡い色合いのマスキングテープは折り紙ネイルの要領で

マスキングテープの柔らかな色をちょっとだけデザインに使いたい場合は、好きな形にチョキチョキ切ってから、ベースとなるカラーに貼り付ける方法もあります。

マスキングテープにすでに粘着力があるから、折り紙ネイルよりも簡単です。シアー感のあるホロと合わせると、優しい雰囲気の仕上がりに。

イラストの部分使いを楽しむ

大きめのマスキングテープだったりしたら、使いたい部分をピンポイントでネイルに装着できるので便利です。使いたいイラストやデザインを狙って、可愛く爪先をデコりましょう。

いろんなキャラクターを大集合させて♪

色の選び方から、キャラクターまで全てがかわいいムーミンのマスキングテープは、キャラクターひとりひとりを爪の大きさに切り取って、各指に貼るだけでお気に入りのキャラクターを大集合させることができちゃいます。

いつもは派手、と躊躇してしまうデザインでも、マスキングテープネイルだったらすぐに剥がせるので思い切った大胆なデザインも楽しめそうです。

同色のマスキングテープを組み合わせて

同色のマスキングテープがあったら上手に組み合わせてリンクさせるデザインが完成します。または、緑のチェックのマスキングテープを使ったら数本は単色のグリーンのポリッシュを塗る、という方法も。

千鳥格子のレトロさが新鮮な、新緑にふさわしいネイルデザインは、ピクニックなど青空の下の野外のアクティブティーに映えそうです。

マスキングテープを活用した上級者向けデザイン

「ストライピングテープ」で線を描く!

Squarred gradient nail art2

出典: pshiiit.com

ストライピングテープという、極細のテープを使って、ラインを作る方法があります。
ラインは手で描くと震えてしまうし、爪にはカーブがあるから定規を使うわけにもいかないし、苦労しますよね。このストライピングテープを使えば、カーブに沿ってまっすぐなラインが描けますよ。ぜひ有効活用しましょう!

ストライピングテープの使い方

細くてカラフルなストライピングテープは、すでに使いやすい細さに切ってある便利なテープ。カラフルな色が揃っているので、そのまま色を活かして使っても良いし、マニキュアを塗ったあとにテープを貼って、そのうえから別の色のマニキュアを塗り、テープを剥がせば、下の色がラインとして浮き上がってくるという技も使えます。極細ですから、繊細なデザインもおまかせです。ネイルアートを楽しむなら、手元に欲しいアイテムですね。

手で引くのは難しい細いストライプもこのとおり。白を塗る→乾かす→ストライピングテープをボーダーに貼る→黒を塗る→ストライピングテープを剥がすという手順で簡単に。白と黒のコントラストがさわやかで夏にぴったりかも♪

ストライピングテープを使うことで、きれいにブロックを分けて塗ることもできます。ホワイトとライトブルーの爽やかな2色を、シルバーのストライピングテープで分けることでくっきりとシャープに見せています。

単に線を引くだけではない楽しみ方も

テープそのものをそのままデザインとしてしまうというアイディアもあります。そこで使えるのが「マスキングテープ」なんです♪マスキングテープにはそもそもデザインが施されているので、そのデザインを活かさない手はありません!

ネイルアートとしての使い方は2つ
・テープに印刷された模様をそのままデザインとして楽しむ
・元々のマスキングテープの用途どおり、色の塗り分けや線作りに使う

では、マスキングテープを使ってどんなネイルアートができるのか、さっそく見ていきましょう。

1. ラインテープを使った実用例

ストライピングテープを斜めにかつ複雑に交差させて。すべての指につけていないので、シンプルだけど、とても上品で優しい仕上がりになっています。少し改まった席でもこのくらいの遊び心を身につけていきたいものですね。

はっきりしたイエローと白地にカラフルなドット。対照的なブロックの間にストライピングテープを貼ることでどちらもよりくっきりと際立つネイルとなっています。原色使いは手元を明るく演出してくれますね。

こんな入り組んだデザインもストライピングテープならできます。この後、色を重ねてテープを剥がせば、白いラインが浮き上がり、中央のストーンの輝きが増すでしょう。優雅なデザインです。

2トーンブロックもお手のもの♪マスキングテープの角を利用すれば、きれいに直角三角形を描くことができますよ。指によって色を反転させた2色づかいがおしゃれです。

Large

出典: weheartit.com

実際に爪先に施すのは大変そうなストライプの柄も、ラインテープを使うことで簡単に、繊細なパターンが完成しますね。

2. 型抜きすればきれいな形になる!

100円ショップなどで売っている十字の型抜きを使ってマスキングテープを型抜きすれば、画像のようなネイルをすることができます。十字のくり抜きネイルはなかなか見かけないので、個性を出すのにピッタリ!

型抜きだけでなく、十字の描いてあるマスキングテープの十字の部分を切り取って爪に貼り、上からマニキュアを塗って剥がせば簡単に十字のくり抜きネイルができちゃいます。

3. くり抜きの中に模様

こちらのネイルは、丸く型抜きしたマスキングテープを使ってネイルしたものです。型抜きだけでなく、丸い模様が描いてあるマスキングテープを使用したり、穴あけパンチでマスキングテープをくり抜いてもできるので、一番やりやすいくり抜きネイルです。

また、画像のようにくり抜きネイルの中に模様を描くのもきれいですよね。季節感のあるネイルを演出することができます。

4. 2色展開のくり抜きネイル

くり抜きネイルといっても、このように2色用いることも可能です。1色目は普通にマニキュアを塗り、乾かします。自分のくり抜きたい形のマスキングテープを爪に貼り、2色目を塗ります。2色目が乾燥したのを確認してからマスキングテープを剥がせば、画像のような2色展開のくり抜きネイルができちゃいます。

マスキングテープを小さくしていくことで、より複雑で色の種類も多いくり抜きネイルができますよ!

また、こちらの画像のように決まった形ではなく、マスキングテープを自分で切りとり、オリジナルの形での切り抜きネイルもオススメです。

マスキングテープで足元も簡単おしゃれに!

マスキングテープでペディキュアも!

20160518143016

Licensed by gettyimages

ペディキュアって、自分でやろうとするとなかなか上手にできないですよね。乾かしている間にうっかり歩いてしまい、ぐしゃっとなっていることも多いです。でも、不器用な人でも時間のない人でも、もう安心です。ペディキュアにもマスキングテープを使えば簡単にかわいいペディキュアができちゃいます。

基本的なやり方は、マニキュアと同じです。ベースコートを塗った方が自爪の保護にもなるので、持っている人は塗りましょう。マスキングテープを爪に貼り付ける際、手の爪より足の爪の方が小さいのでピンセットがあった方が作業しやすいです。

かわいいペディキュアデザイン例

マリメッコみたいな模様も

とてもマスキングテープを使用したとは思えない、マリメッコのようなペディキュアですね。マスキングテープの好きな模様のところを足の爪に合う大きさに切り、その模様だけを貼って目立たせることもできます。

マスキングテープなら貼って剥がすだけなので、その日の気分などでいくらでもデザインを変えられるところも魅力的ですよね~。

複雑な模様も!

幅の違うストライプ柄のマスキングテープを斜めに貼ったり、複雑に絡ませたりしている素敵なペディキュアです。

ストライプのマスキングテープだと、ボーダーやストライプとして使用してしまいがちですが、このように色や細さごとに切って模様を作るのもいいですね。他の人には真似できない、自分だけの個性あふれるペディキュアもいいですね!

デニム風もマスキングテープで簡単!

自分ではできないデニム風のネイルも、マスキングテープを使えばこんなに簡単にきれいにできちゃいます!マット風に仕上がるトップコートを塗ることで、さらにデニム感が増します。

セルフではなかなかできないようなデザインも、マスキングテープを使えばできちゃいます。この画像のようにアルファベットの書かれたマスキングテープを貼れば、おしゃれ度がさらにアップしますね!

足元に合わせた色使いが楽々!

マスキングテープを使ったペディキュアは、ジェルやポリッシュのように模様を描いたり乾くのを待ったりする時間がないため、気が向いたらその日履くサンダルに合わせて気軽にネイルチェンジが可能です。

マスキングテープネイルをなるだけもたせるコツとは?

やっぱり、テープなので剥がれやすいという点もあります。しかし、少しの手間で剥がれにくくすることも可能です。3つほどコツを紹介しますね。

どれだけ持つの?

20160519061416

Licensed by gettyimages

マスキングテープを使ったネイルは、マスキングテープの性質上、水や摩擦に弱いという、デメリットがあります。、特に頻繁に水作業をしたり、細かな手先の作業をしている人は、マスキングテープが剥がれやすい傾向にあります。

指先に付けたマスキングテープネイルは、大体お風呂で入った時点、または1〜2日で剥がれる、といった傾向があるようです。そこで1日限定で楽しむ!、というつもりでいることによって、剥がれてしまってもストレスになりません。

長持ちのコツ1:爪より少しだけ小さく切る

Il 570xn.791738986 l7tc

出典: www.etsy.com

大きめに切ったマスキングテープを爪のサイズに切ります。そのとき、少しだけ実際の爪のサイズよりも小さく切るだけ!です。鉛筆で印をつけたなら線の内側を切るイメージです。そうすることで、トップコートがマスキングテープを爪にくっつけてくれますよ。

長持ちのコツ2:トップコートの重ね塗り!

20160519061649

Licensed by gettyimages

普段は1回しか塗らないトップコートを、マスキングテープネイルの時は3回ほど重ね塗りしましょう。もちろん、自爪のキワや側面までしっかりと重ね塗りしてください。そうすることで、ずいぶん剥がれにくくなります。
また、トップコート自体が剥がれやすいものなので、毎日トップコートを塗りなおすこともおすすめです。トップコートの重ね塗りだけで、テープだから剥がれちゃうかな?という心配をすることも減り、次回のネイルのデザインを考える時間も増えるので、嬉しいこと尽くしですね。

長持ちのコツ3:ラメを塗る!

Uas

出典: weddbook.com

マスキングテープにトップコートといういつものネイルに飽きてしまった人や少し派手なネイルにしたいときなどは、ラメ入りのマニキュアを塗るのがオススメです。ラメが入ることでネイルも華やかになり、マスキングテープと自爪をさらにくっつけようとしてくれます。
ラメは落とすのに苦労するイメージがありますが、マスキングテープを使用したネイルなら、マスキングテープ部分を剥がすだけなので落とす手間が省けます!ラメを落とす手間が省ける上に、剥がれにくくなるのは、おしゃれをより楽しくさせてくれますね。

ベースコートは不要!

マスキングテープはシールなので、テープそのものをデザインとして使う場合はベースコートは不要です。より長持ちさせるには、爪の先や根本、マスキングテープと爪の間にしっかりトップコートをのせ、補強してください。また、簡単に剥がせる特性を生かして、家事や育児のときには剥がして置いておくと、またきれいに貼ってセルフネイルを楽しめますよ♪

コツ・ポイント

マスキングテープネイルをもたせるコツは、爪より少し小さく切る・トップコートの重ね塗り・ラメを塗るでした。マスキングテープをネイルに活用するとは、斬新ですが、気に入った柄を既にもっていらっしゃると思うので、自分好みに仕上がるでしょう。エナメルでなかなか見つからない色を試すことができるかもしれませんね。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。

いいなと思ったらシェア♪

このまとめに付けられたタグ

viewView
286414
likeお気に入り
3563

アクセスランキング

昨日人気のあった「ファッション」に関するまとめ