2016年07月19日更新

新築予定の方必見!キッチンの選び方&タイプ別で見つける最良キッチン

憧れのマイホーム=新築のお家のご購入をお考えの方、キッチンはどんなレイアウトにするか決められましたか?システムキッチンは、タイプやデザインなどさまざま。ショールームに行く前に、予備知識として知っておいて欲しいレイアウトタイプの特徴をまとめました。ぜひ、キッチン選びの参考にしていただけたら嬉しいです。

キッチンの種類いろいろ

新築キッチンで心が踊っているあなた。レイアウトはどのようにお考えでしょうか?キッチンの形は、大きく分けて3つです。I型、L型、U型が主なキッチンのレイアウトタイプ。I型はまっすぐだったり、L型は曲がっていたり、U型はコの字だったりと文字通りの形で分かりやすいですね。こちらはオープン型です。スツールがあり、ちょっと一息なんてことも可能。統一された色合いもおしゃれですね。

キッチンの種類一覧

キッチンの種類は5つのタイプが主流になっています。まずは、I型キッチン!一般的な横に長く場所をとらないタイプです。L型は、文字通りL字型のキッチンで、動線は短く使いやすいそう。対面型は、壁の反対側に設置するタイプ!U型は、コの字型で広い作業スペースを確保することができます。アイランド型は、中央部分にキッチンがあるタイプでどこからでもキッチンに行くことができます。

明るく広々とした空間のオープン型

新しい家を建てるにあたり、システムキッチンを探して既にショールームを回ったり、住宅展示場に行ったりと忙しい日々を過ごされている方もいらっしゃるかもしれません。どんなキッチンとの出会いがあったでしょうか。今回、初めにご紹介するのは「オープン型」のキッチンです。「ご家族との会話を楽しみたい」「顔が見えるほうがいい」という方なら、オープン型がオススメですよ。

オープン型のメリット・デメリット

Entry 2513 44709125d1ab3

出典: profile.ne.jp

インテリア的にもデザイン的にも素敵なオープン型のキッチンですが、どんなメリットとデメリットがあうのでしょうか・・・まずは、メリットなところはスッキリしていて広々としている!そして食卓との一体感もあり動線が短く作業しやすい点です。デメリット部分は、料理の匂いが部屋にこもってしまう!作業する手元や作業台が丸見えになってしまう点です。常にキレイにしていないと散らかったキッチンが丸見えになることです。

小さいお子さんがいるなら

「オープン型」の良さは、なんといってもお部屋を見回せる視野の広さです。ちょっと目を離すと子どもが…!という幼いお子さまがいらっしゃるのなら、「オープン型」キッチンがオススメ。すぐに顔が見えるので、そんな心配もありません。また、すぐに走り寄っていけるのでやんちゃな時期でも大丈夫です。ソワソワしていては、料理に集中できませんよね。

リビング・キッチンを見渡せる

こんなオープンスタイルのキッチンなら、家族全員との会話が弾むことでしょう。お客様を呼んだときでも、お暇にさせてしまう恐れもありません。キッチンからテレビが見えるので、ついつい余所見…なんてならないように、そこは注意してくださいね。広々と使えるので、お料理にも力が入るかもしれません。もし、「1人で集中したい」という方なら、次にご紹介するキッチンをオススメします。

お料理好きに大人気!クローズド型

こちらのタイプは、「クローズド型」と呼ばれるシステムキッチン。他のお部屋とは扉や1つの入り口だけでつながっている独立したお部屋のような作りが特徴です。他の物事に気をとられることがないので、お料理に集中したい方やお料理が好きな方、匂い移りが気になる方などに人気が高いようですね。キッチンのタイプで人の性格も分かってしまうかもしれません。

イメージは、レストランの厨房気分

クローズド型の良いところは、なんといってもお料理に黙々と取り組めることでしょう。また、キッチンをメインで使う方の好みに合わせてレイアウトやデザインを考えるということもできます。特に、他のお部屋と仕切られているため、お好みのテイストに変えることだって可能。他のお部屋は和風だけどキッチンだけ洋風といったデザインでも、お家全体の雰囲気を壊すことはありません。

電動シェードで仕切るタイプも

「皆の顔が見れるオープン型も捨てがたいけど、せっかく新築の使いやすいキッチンにするのなら、お料理に集中したいのよね」という方、電動シェードを使って仕切る方法がありますよ。子どもが小さいうちは顔が見えるオープン型、大きくなってお料理に没頭できるようになったらクローズド型。使い分けてよりキッチンライフを楽しめる作りです。

ほかにも

ほかにはどんなキッチンタイプがあるのでしょうか・・・あなたは、クローズド型派?それともオープン型派?間をとってセミオープン型派?自分のスタイルに合うキッチンが見つかるといいですね。それでは、ほかのキッチンタイプをご紹介していきます。

クローズド型をあえてオープン型に

LDKのお宅では、クローズド型のキッチンが狭く見えてしまうことがあります。新築でなかった場合、ご自身の感覚として「何だか狭い…」と感じてしまう方も多いのではないでしょうか。そこで、このように壁を取り払うことでカウンターをつけ、広々としたお部屋に変身させています。カウンターがあることで、隣のお部屋とメリハリが生まれ、さらにカウンターにお皿やコップなどの食器やお料理を置くことも可能で便利です。

クローズド型+オープン型=セミオープン型

A  48cc986258789

出典: profile.ne.jp

上記のリフォームされたキッチンと少し似てるのが、こちらの「セミオープン型」です。クローズド型とオープン型の良いところを集めたような作りで、キッチンと隣り合うお部屋の間に少しだけ壁の仕切りやカウンターを置くことで、オープンでありながらキッチンの中は見えない作り。広々としたスペースをとれるのであれば、このタイプが一番オススメかもしれません。お料理に集中できる上、すぐに家族の顔が見れる安心感があります。

セミオープン型の魅力は他にも

セミオープン型はカウンターがあり、ダイニングにお皿を運びやすく「これ運んでくれる?」と声がかけやすいところが最大の魅力です。コミュニケーションが取りやすいキッチンであることから「対話型」と呼ばれることもあるようですね。お料理も会話も楽しみたいなら、セミオープン型がどっちもその願いを叶えてくれそうです。

お料理のプロ気分になれる?!アイランド型

「家族との会話を楽しみたい」「開放的なキッチンにしたい」という方にオススメなのが「アイランド型」です。キッチンの仕切りはなく、シンクを中央に置くため、お部屋全体を見渡すことができ、空間全部を広々と使うことができます。また、家族からもキッチンを見渡すことができるので、お料理ができるまで子どもの熱い視線を向けられるかもしれません。お料理が得意な方やパーティなど人を呼ぶことが多い方にもオススメです。

アイランド型のメリット・デメリット

Smf00000200010l

出典: tagle.jp

憧れのアイランドキッチン♪料理番組のようなキッチンに憧れる人は多いですよね。そこで設置前にメリットとデメリットを押さえておきましょう。まずはメリット!大人数でも料理をすることができ、コミニュケーションがとりやすいこと!広い作業スペースがあるのでお菓子作りやパン作りも楽にできます。そして、開放感がありスタイリッシュでデザイン性が高くおしゃれですよね。

次にデメリット!設置するにあたり広い場所の確保が必要なので、キッチンにかなり場所を取られてしまいます。キッチン上には棚などの収納がないので収納には困るようです。そして、コンロの油はね料理の匂い、まめに掃除をしないと丸見えになってしまいます。

収納スペースはたくさん確保

キッチンに必要な収納はたくさんスペースを確保したほうがいいですね♪スッキリとオシャレなキッチンにするには収納が必ず必要になります。あなたは、オシャレに見せる収納派?それとも隠してスッキリと見せたい派?どちらにしてもたくさんの収納を確保しておけば問題ないですね!

リビングやダイニングから見えるところには、カフェや雑貨屋さんのようにオシャレな食器を置いておくと素敵なキッチンに仕上がる見せる収納に!そして、普段使う食器やインテリアに合わない食器は見えないように隠す収納に!たくさんの収納があれば片付けも楽なキッチンになります。

新築キッチンを快適なものに作りあげるコツ

Kitchen design mistake1

出典: freshome.com

新築のキッチンは女性にはとっても大切な場所ですよね。そんなキッチンを快適に使えるコツを押さえて自分が使いやすいキッチンを手にいれましょう。

パントリー(食品庫)は必要?

海外では当たり前にあるパントリーですが、最近日本でも設置している人が多いですね。子供が小さいうちは、そんなに必要性を感じないかもしれませんが、やはりあるにこしたことはないですね。小さな子どもも大きくなりますし、家族も増えるかもしれません。そうなってくると買い置きをしてもパントリーがあるととても便利です。

なによりキッチンをスッキリとした収納にすることができます。

ゴミ箱スペースを確保

必要不可欠なゴミ箱!せっかく素敵なキッチンに無造作に置かれたゴミ箱があると残念な感じになってしまいます。ゴミの分別も増え何個ものゴミ箱を置かなければなりません・・・そこで、しっかりとゴミ箱を置くスペースは確保しておきましょう。

キッチンと同じ素材でできているゴミ箱収納にゴミ箱を入れるとまとまり感のある統一された素敵なキッチンになりますね。

収納は充分?

キッチンは、何かとゴチャゴチャしてしまいますよね。そんなキッチンも十分な収納を確保しておくとスッキリとしたキッチンになります。これから家族が増えたり、頂きものの食器だったりと長く住むと増えていくものです。そんなときでも困らないように収納は充分にとっておきましょう。

キッチンに最適な照明とは

キッチンは明るくないと料理もままならないですよね。まずは、キッチン全体を明るくする照明と作業する手元を明るくする照明が必要です。手元の照明は、作業台の上のところにつけるのがいいですよ。それもしっかりと照らしてくれるペンダントライトだとよりおしゃれになりますね。

見た目も大切だけど、まずは動線を考えて!

せっかくの新築のキッチンもデザイン性にだけこだわってしまって使ってみると動線が悪く使い勝手が悪くなってしまっては意味がありません。シンク、ガスレンジ、冷蔵庫、作業台の位置が遠いと動線が悪くなってしまいますので、自分がどう動いたら効率的かもよく考えてみましょう。

キッチンの色は?

最近はキッチンもカラーバリエーションが豊富になっています。毎日使うキッチンですから自分の好きな色や飽きのこない色が無難ですね。やはり人気なのが、ホワイトやナチュラルな木目が人気のようです。ほかには、ブラックやブラウンなどもスタイリッシュな印象になり人気があるようです。

あなたは、カラフル派?シンプル派?スタイリッシュ派?ほかのインテリア家具に合わせると家の中も統一感がでて素敵になりますね。

間取り

キッチンスペースがどのくらいの広さが取れるのか、そしてキッチンに置く家具や冷蔵庫のことも考えて間取りを決めていきましょう。せっかくのキッチンも冷蔵庫が置けなくては大変です!それとこれから冷蔵庫を買い替えるときにライフスタイルが変われば冷蔵庫の大きさも変わるので、それを見据えてスペースを確保しておくといいですね。

人気のシステムキッチンは?

Cleanlady

出典: topicks.jp

システムキッチンもたくさんの種類があり、どこのシステムキッチンがいいのか迷ってしまいますよね。そこで人気のシステムキッチンをご紹介します。あなたのスタイルに合うシステムキッチンが見つかるといいですね。

クリナップ ラクエラ

K ra 4

出典: cleanup.jp

高級感のある光沢でリビングやダイニングのインテリアとも合わせやすく、カラーバリエーションが38色あるようです。自分の好きなカラーが見つかりそうですね♪

タカラスタンダード レミュー

高品質のホーローシステムキッチンは、シンクにもこだわりがあるようです。気になるカラーバリエーションは15色になっています。

パナソニック リビングステーション

スマートで無駄をなくしたうえにエコ!がコンセプトのようです。嬉しいのは、シンクも色が選べるようです。シンクもカラフルですとキッチンに立つのも楽しくなりますね。

毎日を美しく、心地よくがコンセプトのようです。重厚感と高級感のあるキッチンですね。素敵なキッチンで料理の腕も上がりそうです。気分は、レストランのシェフ♪

コツ・ポイント

お気に入りのレイアウトは見つかりましたか?使いやすさはもちろん、デザインや配置にもしっかりとこだわり、あなただけのキッチンを完成させてください。新築だからこそ妥協せず、使う方の要望に沿った設計にしたいですよね。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。

いいなと思ったらシェア♪

このまとめに付けられたタグ

viewView
48774
likeお気に入り
105

アクセスランキング

昨日人気のあった「家づくり」に関するまとめ