2016年07月01日更新

無水調理のホーロー鍋「バーミキュラ」が人気。3つの魅力と商品紹介

名古屋の老舗メーカーが作る無水調理ができるホーロー鍋「バーミキュラ」。ホーロー鍋といえば海外の有名メーカーのものが良く知られていますが「バーミキュラ」も高評価を得ている大人気のお鍋です。その人気の秘密をご紹介します。

メイド・イン・“日本”のホーロー鍋が大人気!

日本生まれの注目アイテム

2010年に登場したバーミキュラ。瞬く間に話題となり大人気を博しました。それまではホーロー鍋といえば海外、ヨーロッパのメーカーが主流でしたがバーミキュラはまるでホーロー鍋界に彗星のごとく登場したのです。

メディアでも話題

20160529131513

Licensed by gettyimages

日本生まれの珍しいホーロー鍋はメディアの間でも話題になり、テレビや雑誌など、あらゆる媒体で取り上げられるようになりました。そこでさらに人気が爆発し、注文が殺到。バーミキュラは今や、ルクルーゼやストウブなどの海外製ホーロー鍋を凌ぐ人気を博しているのです。

人気沸騰で最長15ヶ月待ちという事態も!?

バーミキュラの人気が徐々に高まるにつれ、入手困難な事態が巻き起こりました。そのことがまたニュースになったりもしました!バーミキュラはレアなホーロー鍋として、そのブランド価値がどんどん上げていったのです。

現在は8ヶ月の納期になっているようです

Dff761d580d43fc8173a1240c641aabab29b4e67 l

出典: sumally.com

あまりの事態にメーカー側も生産体制の補強に踏み切り、少しずつ納期を短縮するように努力されてきました。現在はバーミキュラのWEBページでは注文から約8ヶ月でお届け、と表示されていました。

それでも注文が後を絶たないのは、そこまで待っても手に入れたいと思わせてくれるような魅力がバーミキュラに詰まっている証拠。やっと手に入れたユーザーからは、「やっぱり良かった!」という評判をよく聞きます。

楽天でも購入できる?

20160529132322

Licensed by gettyimages

入手困難な状況が続く中、「楽天でもバーミキュラが手に入れられる」といった噂が流れるようになりました。実際に楽天のサイトを見てみるとバーミキュラ本体が販売されているという様子はなく、信ぴょう性のない噂だったようです。

バーミキュラのネット通販は現在、公式オンラインショップで受け付けているので、そちらで購入の手続きをとるのが一番早く適正価格で手に入れる方法ではないでしょうか。

魅力その1・キュートなパステルカラー

世界初のパールカラー

カラーホーローというのは非常に難しい技術なんだそうです。特にバーミキュラに使われている美しいパールカラーは世界でも初めてのものだとか。多くの企業があきらめたその技術をバーミキュラは実現させました。今まで見たこともないキュートなパステルカラーはあっというまに大人気となったのです。

人気の二色

Pinterestでも写真が出ていました。やっぱりピンクとグリーンです!

揃えたくなる可愛らしさ

こちらもPinterestより。ベスト・イン・ザ・ワールド!と書かれていますね。ふたの取っ手の角度がキュートです。

魅力その2・無水でも美味しくできる

これまでのホーロー鍋ではその構造上完全に水を使わない無水調理は推奨されてきませんでした。それでも少量の水で食材の美味しさを引き出すとされています。ところがバーミキュラは無水調理を実現させました。加熱時に鍋の中が完全密封された状態を作り出せるために水を使わずに素材が持っている水分を引き出して調理をすることが可能になったのです。

野菜本来の甘みやうまみを引き出すことはもちろん、栄養素を壊さない調理法が無水調理です。ジャガイモやニンジン、ブロッコリーのデータがバーミキュラのWEBサイトに出ていますが驚くほど味が違うのだそうです。

秘密の1つは「リブ底」に!

バーミキュラのお鍋の底には画像のようなラインがあります。これを「リブ底」と呼ぶようです。このラインの上に食材をのせることになるので、食材が点で支えられる仕組みになるんですね。そうすることで鍋底からの加熱を抑えることができるというわけです。

フタの裏には突起が!

バーミキュラのフタの裏にはぶつぶつとした突起があります。これは調理中のおなべの中の水蒸気を循環しやすくするための構造です。

秘密は厚さ3mmの鉄鋳物にも!

バーミキュラは鉄鋳物という技術が使われているのですがその3mmもの厚さが熱伝導を高め保温率もあげてくれるのだそうです。内側は鉄鋳物の上にグランドコートと呼ばれる1層目のホーローと層が成され、2層目にカラーコート、3層目にグラスコートと呼ばれる新開発の技術が使われています。外側は鉄鋳物の上に内側と同じくグランドコートとカラーコートを重ね3層目にパールコートが施されています。

バーミキュラで作るカレーは絶品だそうです

無水調理で野菜のうまみを引き出すバーミキュラで作るカレーは絶品だそうです。作ってみたくなりますね!

温野菜やシチューにも

ことこと煮るお料理はバーミキュラのお得意です。でもそれだけではありません。蒸し焼き、炒め煮、炊飯、てんぷらなど幅広い調理が可能です。火加減に気をつけていろいろチャレンジしたくなります。

魅力.3 IHでも使える

熱源を選ばない

ホーロー鍋はもともと、鉄と炭素の合金である鋳物にホーローで表面加工を施したもの。熱源を選ばず、ガスコンロからIHまで使えるのが魅力的なポイントです。

熱伝導率が良い

Img 04

出典: yohaku.jp

IHはガスコンロと比べて火力の出がイマイチ、という場合が多いかもしれませんが、バーミキュラのホーロー鍋であればそうしたIHのデメリットもカバーしてくれます。

熱伝導率が良いので素早く鍋全体に熱がまわり、均等に食材に火を通すことが可能。遠赤外線効果により、煮崩れさせずに食材の旨みを引き出してくれます。IHでも、ガスコンロと変わらない本格的な料理作りを楽しめるのです。

他ブランドとの違いは?

ルクルーゼと比較

81kox3zvr7l. sl1500

出典: www.amazon.fr

1925年に創業して以来、世界60カ国以上で愛され続けているルクルーゼ。1990年からは、ホーロー鍋の他にフライパンや耐熱皿などさまざまなキッチンアイテムを発表し、豊富なラインナップが揃っているのが魅力です。

調理面の違い

バーミキュラが無水調理可能なのに対して、ルクルーゼは不可。バーミキュラに比べると密閉性がやや落ちる印象です。

材質や形状の違い

ルクルーゼは他のホーロー鍋よりも軽量で持ち運びしやすいのがポイント。また、蓋のつまみは樹脂製になっているので熱くなりにくく、調理中でもそのままつまむことができます。ちなみに、バーミキュラのつまみは金属製。調理中は熱くなってしまいますが、蓋ごとオーブンに入れられる利便性もあります。

色の違い

ルクルーゼと言えば、豊富なカラーラインナップ。グリーンやイエロー、ピンクなどさまざまな色が揃っています。バーミキュラはパステルカラーの優しげな印象なのに対して、ルクルーゼはポップで明るいカラーが多いのが違い。好みによってぴったりのものを選んでいきましょう。

ストウブと比較

ストウブは1974年創業とやや若めのブランドではありますが、今や世界50カ国以上で使われている人気のホーロー鍋ブランドとして知られています。フランスの三ツ星レストランでも使用されており、その機能性の高さはプロのお墨付き。

調理面の違い

ストウブは、バーミキュラと同様に無水調理ができるホーロー鍋。独自の黒マットエマイユ加工により油なじみが良く、食材との接点が少なくなるので焦げつきにくいのが特徴です。

材質や形状の違い

バーミキュラとストウブの重量はほとんど変わりませんが、容量はストウブの方がやや少なくなっています。これは素材の厚みと蓋の重さに由来するもの。これにより、ストウブ独自の蓄熱性と密閉性を実現しています。

色の違い

ストウブと言えば「黒」というイメージがあるくらい、渋目の色味が主流。もちろん、イエローやブルーといった明るい色もありますが、やはりストウブらしい暗めの色味が人気のようです。暗めの色には、調理中についた汚れが目立たないという利点も。もちろんバーミキュラにも黒やグレイなどの色が揃っているので、自分がどのような利便性を求めているかによって、色を選んでいくと良いかもしれませんね。

シャスールと比較

シャスールは、1924年にフランスで創業したホーロー鍋ブランド。フランス製100%にこだわり、本国ではルクルーゼと二分する人気を誇っています。

調理面の違い

シャスールはルクルーゼ同様、無水調理には向いていません。蓋に重みがあり、ある程度の密閉製はありますが、基本的に煮込み料理をするのに使うのが最適でしょう。

材質や形状の違い

他のホーロー鍋が下に向かってしぼまっていく形をしているのに対して、シャスールはほぼストレートな形状で底面積が広いのが特徴。また、蓋のつまみは樹脂製になっているので調理中も熱くならず、そのままつまめます。

色の違い

シャスールの色はパステルカラーがメインなので、色の違いという点で言うとさほど変わらないかもしれません。シャスールの場合はつまみの部分が樹脂製なので黒くなっているのがポイント。バーミキュラは金属製なので、シャスールと比べるとややスタイリッシュな印象があるかもしれません。

注意点

錆びやすい

ホーロー鍋の主原料である鉄は錆びやすい素材。ホーロー加工がされていない縁の部分などは、特に錆びやすいと言われています。バーミキュラは防サビ加工がされていないので、錆びには十分に気をつけたほうが良いでしょう。

メンテナンス方法

錆びを防ぐために必要なのは、鍋と蓋の縁に食用オイルを塗ること。ホーロー加工されていない、黒い部分です。薄くで大丈夫なので、鍋を使い終わった後に塗っておきましょう。

もう1つ重要なのが、しっかりと乾燥させておくこと。洗った後に蓋をしたまま保管しておくと内部が乾燥せず、錆びの原因になってしまいます。なので、蓋と本体の間に何かを挟み、通気性を良くしておくと良いでしょう。図のように、専用のスペーサーを使うのもおすすめ。

冷蔵保存方法

20160529145346

Licensed by gettyimages

作った料理が余ったしまったとき、鍋ごと冷蔵庫で保存できたら便利ですよね。ただし、冷蔵保存する場合は幾つかの注意点をクリアしておかないと錆びや破損の原因になってしまうので気をつけておきましょう。

【常温にしてから冷蔵庫に入れる】
熱いまま冷蔵庫に入れると激しい温度変化によりヒビが入ってしまう場合があります。

【水分をふき取る】
錆びの原因は水分。鍋や蓋の縁の水分をしっかり拭き取ってから冷蔵庫に入れるようにしましょう。

【いきなり強火にかけない】
冷蔵庫から取り出して鍋が冷えている状態で、いきなり強火にかけるのはNG。急激な温度変化により、ヒビ割れの原因になってしまいます。常温に戻してから火にかけましょう。

食洗機では使えるか

20160529145702

Licensed by gettyimages

基本的に、ホーロー鍋は食洗機で洗うことができます。ただし、欠けたり割れたりするのを防ぐために他の食器と一緒に洗わない方がおすすめ。また、食洗機の種類によっては水圧が強い場合があるので、鍋が倒れないように下向きに置いておくと安心です。

バーミキュラのラインナップと価格

オーブンポットラウンド パールピンク

バーミキュラのホーロー鍋は直径22cmと18cmの2種類あります。22cmなら四人家族のシチューやカレーもたっぷり作ることができます。
サイズ:直径22cm
幅(取手含)30cm・深さ10cm・高さ(フタ含)14cm
容量:3.5L
重量:4.2Kg
28,000円(税抜)

パールピンクは淡いパステルカラー。このお鍋1つだけでもキュートなキッチンに。実はこのパールホーローという加工技術は世界で初めてバーミキュラが実現させたものなんだそうです。

オーブンポットラウンド パールブルー

直径18cmサイズのお鍋なら一人暮らしでも使いこなせるサイズです。
サイズ:直径18cm
幅(取手含)24cm・深さ8cm・高さ(フタ含)12cm
容量:1.75L
重量:2.6Kg
22,000円(税抜)

オーブンポットラウンド パールグリーン

人気の高いパールグリーン。ホーロー鍋ではなかなか見かけない色ですよね。

オーブンポットラウンド パールブラウン

パールブラウンはほっこりとした温かみを感じさせてくれます。

オーブンポットラウンド パールグレー

シックなパールグレー。モダンなキッチンにも似合いますね。

オーブンポットラウンド パールホワイト KONAYUKI(粉雪)

パールホワイトはマットブラックとともに2011年に新しくシリーズに加わったカラーです。通常色よりも複雑でプレミアムな工程が必要なカラーなんだとか。
直径18cm 23,000円(税抜)
直径22cm 29,000円(税抜)

オーブンポットラウンド マットブラック SUMI(炭)

こちらはパールホワイトともに新しくラインナップに加わったマットブラック。これまでのパールカラーとは異なりざらつきのあるスタイリッシュなカラーになっています。こちらもパールホワイトと同様色を出すための特別な設備などが必要なのでプレミアム価格になっています。

オンラインショップはこちら

リンナイとのコラボレーション

使いやすさを追求

こちらは2013年の5月にリンナイとのコラボレーションで販売されたサンドベージュ。ガス台に収まりやすい直径18cmのタイプで作られました。

バーミキュラで美味しくご飯を炊くという企画から

限定300個で販売されたこのコラボレーションはバーミキュラとリンナイが共同で研究していた「バーミキュラで美味しいご飯を炊く」という企画が発端だったそうです。

2014年にはナチュラルベージュが

2014年9月には期間限定でナチュラルベージュが販売されました。落ち着いた色合いが素敵ですね。

2015年には新色ストーンが登場

2015年の4月8日(水)には、新色「STONE」が発売されるそうです。ブルーがかったホワイトグレーがなんともいえないニュアンスのある色です。

口コミは?

実際に使ってみた人の口コミ

それでは実際に、バーミキュラの口コミはどうなっているのでしょうか?使ってみた人たちの口コミを見てみましょう。

無水調理の肉じゃがにも挑戦。焦げ付かないか心配だったが、味もしっかり入り、子どもたちに一瞬でジャガイモを完食されてしまうほどの人気メニューとなった。

引用元:kaden.watch.impress.co.jp

実際購入してみて、今では、特に煮込み料理に関してバーミキュラ以外の鍋で調理する気にはなれません。
確かに重いですが、本当に『重くても、毎日使いたくなる』鍋です。
『魔法の鍋』かどうかはともかく、料理が楽しくなる鍋でもあります。
日ごろから日本製品を応援している私としては、「待ってて良かった♪」と思える鍋でした。

引用元:www.eonet.ne.jp

バーミキュラで調理すると食材の甘みが最大限に強調される。そのため、中辛のカレールーだと、ハッキリ言って甘すぎるカレーができてしまったのだ。食べるときにスパイスをプラスすることで調整はできるが、「次からは辛口のルーを買わないと」なんて話すことになった。バーミキュラで作ったカレーは味も大きく変わるという証明になった。

引用元:kaden.watch.impress.co.jp

無駄に煮立てなくてもトロ火でじっくり火を通すことができるので、カレーなどもすっきり仕上げることができるようになりました。そのうえ、今までは隠し味と称してコーヒーだのチョコレートだのと色々入れていたのですが、そんなものが邪魔に思えるくらい少ない調味料でぴたっと味が決まります。

引用元:www.eonet.ne.jp

口コミを見てみると、「やっぱり買って良かった!」という意見が大多数でした。食材の旨みをしっかりと引き出し、いつもよりワンランク上の料理を楽しめると評判。納期までかなりの時間があるにも関わらず、ひっきりなしに注文が殺到するのも、バーミキュラの性能の高さによるものなのでしょうね。

作ってみたい絶品レシピ

公式サイトのレシピ

バーミキュラの公式サイトでは、鍋を使ったさまざまなレシピが公開されています。プロが作ったものから、実際にバーミキュラを使用しているユーザーが考えたレシピまで種類はさまざま。そんなレシピの一部を見ていきましょう。

白菜と豚肉のミルフィーユ

無水調理の代表格と言えば、白菜と豚肉のミルフィーユ。白菜の甘みと豚肉の脂が絶妙にマッチして、とてもおいしくいただけます。白菜と豚肉の層ができて、まるでケーキのような形に仕上がるので、食卓で切り分けるのが楽しみになりそう。豪華な見た目に、みんなもきっと喜んでくれるはずです。

レシピはこちら

大根と豚の角煮

バーミキュラの赤外線効果により、とろとろに仕上がる豚の角煮レシピ。熱伝導率の良さで大根にもたっぷり味がしみこんでいきます。今まで作っていた角煮が違うものに思えるくらいおいしい、と評判。食材の旨みを逃さず調理してくれるバーミキュラだからこそなせる技ですね。

レシピはこちら

無水ロールキャベツ

いつものロールキャベツも、無水調理をするだけでグッと本格的な味に仕上がります。ブイヨン要らずで、ベーコンやキャベツといったの素材の旨みだけで十分においしいと評判。マッシュルームなどのキノコも入れているのが味の決め手。キノコからしみだす出汁が、全体の味わいをワンランク上に引き上げてくれます。

レシピはこちら

肉じゃが

バーミキュラで調理することによって、ジャガイモやニンジンなどの野菜の甘みが増します。これでニンジンが好きになった、という評判も多いのだそう。野菜嫌いの子ども達も、バーミキュラを使った野菜料理であればおいしく食べてくれるかもしれません。ぜひチャレンジしてみたいですね。

レシピはこちら

ほろほろ牛肉のビーフシチュー

野菜と肉の旨みがぎゅっと詰まった絶品ビーフシチュー。ニンニクやトマト、玉ねぎなど、多種多様な野菜を入れることによって、まるでレストランで食べるような深い味わいに仕上がります。豪華な見た目なので、おもてなし料理としてもぴったり。ほろほろとした食感の牛肉は、やみつきになるおいしさです。

レシピはこちら

鮭とキノコの炊き込みご飯

バーミキュラで、ご飯もおいしく炊くことができます。こちらは鮭とキノコを炊き込んだバージョン。食材を変えれば、さまざまな味わいの炊き込み御飯を楽しめるので、ぜひ挑戦してみてください。

レシピはこちら

レシピは他にも満載

バーミキュラの公式サイトでは、この他にもさまざまなレシピが掲載されています。ぜひ参考にして、おいしい料理作りを楽しんでみてはいかがですか。

レシピサイトはこちら

レシピ本も参考に

使えるレシピが満載

バーミキュラの高い人気を受けて、専用のレシピ本も数多く出版されています。レシピ本は一冊あるといざというとき役立つこと間違いなし。気になった方はぜひチェックしてみてください。

おすすめのレシピ本

51cdetdfvnl
出典:  www.amazon.co.jp

バーミキュラを使いこなす ワンランク上のごちそうレシピ

おもてなしにぴったりなバーミキュラレシピがたくさん掲載されている本です。ホームパーティなどで役立つこと間違いなし。

¥1,512 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへ www.amazon.co.jp
51%2bk83b1k%2bl
出典:  www.amazon.co.jp

無水調理がおいしい! 魔法のお鍋バーミキュラでつくる毎日のごはん&ごちそう

普段の食卓からおもてなし料理まで、幅広いレシピが掲載されています。無水調理で作る、旨味たっぷりの料理が満載。

¥1,512 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへ www.amazon.co.jp
51b%2bo6xb rl
出典:  www.amazon.co.jp

「バーミキュラ」だから野菜がおいしい簡単レシピ (三才ムック vol.396)

バーミキュラを使って野菜をもっとおいしく調理。野菜嫌いな子ども達も、このレシピを使えば食べてくれるかもしれません。

¥1,296 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへ www.amazon.co.jp

お鍋以外のあれこれも

オーガニックコットン ポットホルダー

バーミキュラ専用のポットホルダーと呼ばれる鍋つかみもあります。オーガニックコットンを100%使った鍋つかみはハンドルにすっぽりとかぶせるようにして使います。
材質:オーガニックコットン100%(表地と裏地)・ポリエステル(中綿)
サイズ:15cm×8cm×8㎝
2個セット4,000円(税抜)

ポットホルダーは全4色

お鍋と鍋つかみの色を揃えてると統一感がありますね。こちらの画像のようにモノクロにしてもオシャレです。カラーはベージュ、グリーン、ブラック、ピンクの4色展開です。

オーガニックコットン ヒートキーパー

こちらもオーガニックコットン100%のキャンバス地でできたヒートキーパーです。このヒートキーパーを使うことでホーロー鍋の余熱を利用した調理法の質が向上するようです。100℃のお湯が3時間後でも78℃に保たれるという驚きの保温性とのこと!これなら煮込み時間を短縮することが可能ですね。

持ち運びも便利

ジッパーの下のほうに持ち手がついているのが見えますか。ヒートキーパーの中にお鍋を入れても持ち運べるようにデザインされているのです。使わないときは畳んでボタンで留めるようになっています。
材質:オーガニックコットン100% (表地と裏地)・ポリエステル(中綿)・ポリプロピレン(フィルム) 
サイズ:49cm×24.5cm×25㎝ (折り畳んだ状態の厚み9㎝)
10,250円(税抜)

マグネットトリベット

バーミキュラからはリベット(鍋しき)も登場しています。こちらは22cm用のホワイトハードメープル。ほかにダークブラウンのブラックウォールナットもあります。バーミキュラのロゴは全7色展開です。
材質:天然木(ホワイトハードメープル)・特殊液体ガラス塗料仕上げ・
ロゴプレート:鋳鉄ホーロー加工(ロゴプレート)
サイズ:直径20.5cm×2.1㎝
耐熱温度は150℃です。
6,000円(税抜)

バーミキュラとのフィット感

こちらのリベットはバーミキュラのホーロー鍋とぴったりのサイズに仕上げているので画像のようにスタイリッシュにテーブルに出すことができます。「マグネット」と名前についているのは、このリベットの内側にマグネットが仕込まれているからです。そのためお鍋を持ったままリベットをつけたりはずしたりすることができるのです。18cmサイズのおなべ用のリベットは5,000円です。

購入後のサービス

スペシャルオーダー ネーミングサービス

世界に1つしかないバーミキュラが作れてしまうネーミングサービス。最大11文字まで可能です。バーミキュラのWEBサイトでは主にレーションできるようになっています。名前の位置も微調整ができます。3,240円かかりますが、アルファベットのほかに数字やハートマークも入れられるので贈り物にしても喜ばれそうです。

シュミレーターでサンプルを

69b326ad ebb7 42bd b645 cf664b854589

こちらはバーミキュラのWEBサイトにあるシュミレーターを使ってシュミレートしてみた画像です。パールブルーのフタに「IEMO」と入れてみました。

リペア(再ホーローコーティング)サービス

バーミキュラは長く使ってほしいという願いを込めてリペアサービスを行っています。これは国産メーカーだからこそ!のサービスかもしれませんん。このリペアサービスは、一度全てのホーローをはがすことから始めるそうです。そして再びホーローをかける。つまりホーローが全く新しくなるんです!「一生使っていただきたいから」とWEBサイトには記載がありました。こうした姿勢がバーミキュラの魅力なのです。

バーミキュラを支える人々

バーミキュラを作っているのは名古屋のメーカー

1936(昭和11)年創業の「愛知ドビー」(名古屋市中川区宗円町1)がバーミキュラを作っています。「愛知ドビー」は船舶やクレーン車の部品の下請け会社で産業機械部品などを作っていたメーカーでした。

兄弟で会社を切り盛り

愛知ドビーの社長と専務は兄弟なんだそうです。家族経営の下請けメーカーとして景気の波に左右されるのではない安定した経営をという信念から自社メーカーとして一般向けの製品を作ることを考え老舗鋳造メーカーの技術を生かしたホーロー鍋作りに取り組んだそうです。

商品化までに試作品を1万個

ホーロー鍋の開発を始めてから3年以上の年月をかけ試作したホーロー鍋はゆうに1万個を超えるほどだったそうです。鋳物ホーロー鍋の特性でもある密封性を極限まで高めることとこれまでにない美しいカラーホーローを生み出すことはとても難しかったとのこと。何度も「もう一生できないかもしれない」と思ったと専務さんがおっしゃっていました。

営業部のロマンさん

ロマンさんはバーミキュラのFacebookを更新されている営業部の方です。ご自身がモデルも勤められることが多く丁寧な日本語で親しみのある投稿をされています。フランス出身のロマンさんは、チーズフォンデュや煮込み料理など、さまざまなレシピを提案。バーミキュラを語る上で欠かせない名物社員として人気を集めています。

1502 t7

出典: ilex.co.jp

ロマンさんはお料理がお得意のご様子。こちらは百貨店で実演販売を行っているロマンさんの様子です。作っているのは「ブロッコリーとホタテの粒マスタードクリーム煮」と「なすのトマト煮とろけるチーズ蒸し」。どちらもバーミキュラのレシピブックに載っているメニューだそうです。ロマンさんの二人のお子さんにも人気だったそうです。

バーミキュラFacebook

バーミキュラのコミットメント

最後にバーミキュラのWEBサイトに書かれていたコミットメントをご紹介します。この心意気に感動しました。

バーミキュラ「5つの約束」

1 私たちは、バーミキュラで、世界中の家庭に笑顔を増やします。

2 私たちは、100年後も、ずっとメイド・イン・ジャパンです。

3 私たちは、食にかかわる者として、安全な製品だけを届けます。

4 私たちは、職人が丁寧につくる製品を、正しい価格で届けます。

5 私たちは、あなたの大切なバーミキュラを一生ささえ続けます。

引用元:www.vermicular.jp

ホーロー鍋に関する記事はこちらも参照ください

バーミキュラWEBサイト

コツ・ポイント

メイド・イン・ジャパンのホーロー鍋「バーミキュラ」についてご紹介しました。豊富なカラーバリエーションというルックスだけでなく、その確かな技術と老舗メーカーとしての矜持とも言えるコミットメントなど製品に対する姿勢の素晴らしさに胸打たれる思いです。最大15ヶ月待ちという状況になるほどの人気ぶりも納得です。バーミキュラのホーロー鍋は手元に一つ置いておきたくるようなお鍋です。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。

いいなと思ったらシェア♪

このまとめに付けられたタグ

viewView
213340
likeお気に入り
5079

アクセスランキング

昨日人気のあった「キッチンウェア」に関するまとめ

このまとめで紹介している商品

※最新の情報は商品ページでご確認ください