2016年03月08日更新

【保存版】カラーボックスの収納アイデアがここに集約。DIYの実例も紹介。

小さいのにたっぷりと収納できるカラーボックスは収納家具としてはもちろん、アレンジやリメイクをすることで様々な場所に活用できるとても秀逸なアイテムです。リビング、寝室、子供部屋など場所を問わず活躍させているご家庭が急増中。リーズナブルで肩肘をはらずに使えるカラーボックスの魅力をご覧ください。

カラーボックスの基本的な特徴を知ろう!

サイズ

よく見かけるカラーボックスのサイズは、「3段タイプ」ではないでしょうか。様々なメーカーを調べてみたところ、横幅は肩幅程度(40cm〜50cm)のものが多く、高さも3段であればウェスト程度(90cm〜100cm)の高さの商品をよく見かけます。

奥行きは、せいぜい30cm程度。物を上に置いたときに取りやすい高さの、3段タイプは、ほとんどのメーカーで扱っているでしょう。写真のように、異なる高さを組み合わせて壁面を収納コーナーに仕立てるインテリアも素敵ですね。

2段(高さ50cm〜60cm程度)や、5段(高さ165cm前後)もよく見られますが、サイズが異なれば存在感も変わってきます。ひとつのボックスの内部には、書籍やマンガをはじめ、小物収納ボックスなども重ねて入れることができます。大きなスペースを取らずに、多くのものを収納できるキャパシティは、カラーボックスの最大の魅力です。キャスターをつければ、移動も可能。

お値段

通信販売などでは「激安」と表現されることもあるカラーボックス。それもそのはず、「収納家具」というくくりで見れば、お値段はかなり控えめ。2段であれば、1,000円台、3段であれば2,000円台から手に入ります。組み合わせたとしても、1万円を切ることは珍しくありません。価格はそれぞれのメーカーによって異なりますが、相場としては収納家具をひとつ選ぶよりも購入まで時間もかからないことが、お値段からも分かります。

ポイントは安さと幅広さ!

カラーボックスは、ひとつ購入すると二台、三台と、“もっと欲しくなる収納”と言われています。その主な理由は、おそらく「テイストや場所を問わないこと」や「自由な組み合わせ可能なこと」ではないでしょうか。

壁につけて使う以外にも、間仕切りにしたり、クローゼットや押入れの中のデッドスペースを埋めるために活用したりと、とても幅広く使えるところが人気の秘密。

でも、カラーボックスはただの収納ではありません!用途を変えて使い方を工夫される方もいれば、まるで市販の家具のようにリメイクしてしまう方も珍しくないほど。お値段も魅力的なので自分の家にあったアレンジを楽しみましょう。

子供のおもちゃ収納のアイデア

高さと向きは統一性をもって

7088329872a70434bc83027a218e59660c554a6c

出典: roomclip.jp

どうしても散らばってしまう子供のおもちゃには、おもちゃ専用の収納コーナを作りましょう。カラーボックスを横置きにすると、高さがあるので大きめの絵本もスッキリ収納できます。

またお子さんが自分でも片づけやすいよう、収納の向きと高さを調節して。見た目も綺麗だし、どこに何をしまうのかが一目でわかるので、お片付けが簡単になります。また小さいお子さんでも手が届く範囲に収納スペースをまとめるといいですね。

遊び台と収納をセット

6bd03847ad079221799b8a6b27b1dbe8ea5bd024

出典: roomclip.jp

遊んだあとはそのまま片づけられる、遊びのスペースと収納を合体するのも1つの方法です。取り出したおもちゃもすぐ側に入れるだけなので、自然にお子さんのお片付けを習慣づけることが出来ます。

おもちゃがあっちに散らかり、こっちに散らかりすることもなく、専用のプレイスペースとしてお子さんのとっておきのお気に入りの場所を作ってあげると便利だし、お子さんも喜ぶこと間違いなし!です。

すのことうまくマッチする

20de991447f1a02671a98b63a443177a57b5c9df

出典: roomclip.jp

カラーボックスも大小取り揃えて並べると、それだけで結構な収納スペースになります。またスノコを上手に使って見せる収納も作りました。

ボックスとスノコの色を合わせると、統一感があって見た目もスッキリ見えます。スノコには小物を掛けたり、ピンでとめたりも出来るので、使い方の幅が広がりそうですね。

横置きするのがベスト

下の方に収納スペースをもってこれる

こちらはなんとDIYによるテレビ台収納。カラーボックスを横置きで並べて、上に天板を付けました。カラーボックスは横置きで使うと低い位置に収納スペースを作ることが出来、全体の高さも低いのでテレビ台にピッタリです。またボックス内と上の部分も全て収納スペースとして使えるので、小物が多くなりがちなリビングなどで重宝しそう。

下に自分で扉を付けたそうです。隠したいものはこの中にしまっておけばOK。

天板や扉はホームセンターで、蝶番と扉の把手はなんと100均で購入。市販で買うと万単位になりそうなこんな収納が自分でお安く作れるのもDIYの魅力です。

ソファにもアレンジ

カラーボックスを横置きにすると、高さがないので上の部分をソファとして使う事も出来ます。1段ボックスを横置きにして並べ、上に適当なクッシンやマットを置くと広くてゆったりしたオリジナルソファに大変身!

もちろんボックスの中は収納として使うことが出来ます。低いので、圧迫感もなくゆったりしたくつろぎスペースが簡単に作れちゃう技ありテクニックです。

キッチンでの活用法は?

天板を貼ってみよう

面積の割に、必要なものが多いキッチン。収納はいくらあっても足りないくらいです。
こちらはカラーボックスを縦に2つ置いて、間に天板を渡して貼り付けました。ボックスの中には小物を収納し、上には炊飯器など少し大きめの家電などを置きました。小物収納にも引き出し型のボックスを配置し、中が見えずスッキリした印象にまとまっています。天板を使うと、上はもちろんボックスの間のデッドスペースまで有効に活用できて便利ですね。

カラーボックスの間にダストボックスをスッポリ収納してあるのもniceなアイデア。大容量なのに、スッキリ綺麗に整頓された収納スペースです。

100均のボックスとの相性抜群

100均でアレンジする人急増中!

カラーボックスの中もボックス収納にすると、中が見えず整理もしやすい引き出し的な収納スペースになります。こちらはカラーボックスの中に100均のカラーボックス専用のカゴを置きました。収納する場所も仕切りや大きさの変化をつけることで、様々な種類の物を分けて整理するのが簡単になります。

素材も同じ色や風合いの物を選べば、まとまりがあってコンパクトに見せる事も出来ますね。

優秀な3段ボックスはこれがおすすめ

ニトリがシンプル&クール

ニトリのスタンダードなカラーボックス。シンプルなデザインなので、どんなインテリアとも合わせやすいと好評です。またアレンジがしやすいのもシンプルなもののいい所でもあります。

白色はお部屋を明るく見せてくれます。また引き締める効果もあるので、空間を広く見せる効果もあります。

カラーは3色から選べます。お部屋のインテリアコーディネートと合わせてお選び下さい。

無印らしい色合いがおしゃれ

4548718121700 10 400

出典: www.muji.net

こちらは無印良品のコンパクトサイズのカラーボックス。木目調の優しい風合いがお洒落でぬくもりを感じます。

幅25cmと、普通のボックスよりスリムなので、ちょっとした隙間的な狭い場所でも置けて便利です。

キッチンや押し入れのちょっとした余分スペースに活用している人も多い無印良品のパルプボードボックス(スリム)です。

大人気コーナンカラーボックス

1段ボックスを買い揃えてリメイクできちゃう

コーナンの1段ボックスをいくつか並べて、1つのチェスト的に活用する人が増えています。実はこの1段ボックス、連結することが出来るんです。ダボでしっかり固定すれば、安定感もバツグンで使い勝手のいいお好きな段数のボックスを簡単に作ることが出来ます。

必要な分だけ買って自分でレイアウトできちゃう、そんな自由さも人気のコーナン・1段ボックスです。

人気の秘密は多様な色合い

29759d2a002453fcb42eadc2e655c47bc513f33a

出典: roomclip.jp

コーナンのカラーボックスは種類もカラーバリエーションも豊富。白や黒の他に、ピンクやグリーン、グレー、ライトブラウンやダークブラウンなどがあります。

他にもキャラクターの柄入りやポップなイラスト入りのものまであり、置きたい場所のインテリアに合わせて、または差し色なアクセントとして選ぶ人もいるようです。

種類が豊富で、お気に入りを見つけやすいので人気のコーナンのカラーボックスです。

可動式の棚が便利

カラーボックスの収納スペースの高さが、しまいたいものより小さい、または大きすぎるなんてこと、たまにありますよね?こちらのボックスは、棚の位置をお好みで変えられる便利な機能が付いています。収納するものの大きさに合わせて、棚の位置を調節できるのでとっても便利と大人気です。

コーナンには他にも、3段のボックスや1段でも棚の調節が出来るものが多数あります。使い勝手が良いのも、コーナンシリーズの魅力と言えるでしょう。

カラーボックス改造をしてみよう

サイズ違いも合わせればおしゃれ

大きさの違うカラーボックスを何個も組み合わせたら、こんな個性的で驚くほどお洒落な収納スペースになりました。まるで芸術的なオブジェのような独創性と絶妙なバランスがとても斬新でスタイリッシュです。カラーは統一したので、大きさはバラバラでもスッキリとまとまった印象になっています。

見せる収納としてこんなオリジナルスペースがあれば、見る人が感動すること間違いなしのアイデア改造術ですね。

部屋収納術のポイントは?

ものが見える状態にしておく

F3550527ed4469d30c2d7502ff92add713c63638

出典: roomclip.jp

しまい込んだのはいいけど、どこに何をしまったのかわからなくなっちゃった…結局探し出すのに中をひっかきまわしてまたグチャグチャになってしまい、一から片づけなおしになってしまいます。

使う頻度が高い物は、あえて見える状態で収納しておく方が、使う時もしまう時も簡単です。ただ、重ねて置くとやっぱりわかりにくいので、立ててしまうなどの工夫をすれば、見た目もスッキリしますし、使い勝手の良い収納になりますよ。

決まった場所に収納する

収納とお片付けの基本のコンセプトは、「決まった場所に収納する」ことです。使う用途に分けて一定の場所を決めてまとめてしまっておけば、作業動線もスムーズになり、何事も効率的に行うことが出来ますよね。

収納場所を固定して、使った後は必ず元の場所に戻す。たったそれだけのことで、失くしものや行方不明のものを探す手間がグンと減りますよ。

収納スペースを広げる

何かと物が増えがちなキッチンスペース。デッドスペースも有効に活用して、収納スペースを広げちゃいましょう!

キッチンカウンターの下に、カラーボックスとコーナーボックスを配置して、大容量の収納スペースを作りました。これだけあれば、キッチンのものだけでなく、ダイニングの小物なども一緒にしまっておけますね。キッチンカウンターの上も収納として使える、便利で頼もしい収納スペースです。

組み合わせ家具でおすすめなのは?

インナーケースは取り出しやすい

586165ffe4cc9517fca2ae2aa29d078868a71622

出典: roomclip.jp

カラーボックスにインナーケースを組み合わせれば、取り出しもラクラクなスッキリ収納になります。

引き出し式だから、重たい物を入れても取り出しが簡単。外から中身が見えないので、ゴチャゴチャせず整然とした印象の収納スペースが作れます。

ボックスの色とのコントラストも工夫すれば、立派なインテリアとしても存在感バツグンですね。

ニトリのボックス

34828e96aba8f283fcc02ba2e0d0268be238e4fc

出典: roomclip.jp

木の風合いと花柄の縁取りがお洒落なニトリのボックス。ダークブラウンのボックスに合わせてシックでスタイリッシュな収納ボックスになりました。

木カゴ風なので、優しく温かみのある雰囲気もいいですね。まるで元々セットの製品のようにピッタリマッチしています。

ニトリのインボックスは種類やカラー、柄も豊富なので、シンプルなカラーボックスに合わせて色々アレンジできるのが楽しいですね。

扉をつけるとかわいい

79c621ac846f558c30a41bad29565b156effdacb

出典: roomclip.jp

普通のカラーボックスに、扉を付けるだけでこんなにお洒落で可愛くなりました!

簡単なのに、別物にアレンジできるのがDIYの醍醐味です。扉や開閉のための蝶番はホームセンター、把手は100均などでもありますので、比較的安価で出来るリメイク術です。

お部屋のインテリアとのバランスも考えて、他にはないオリジナルの自分流のアレンジ術を楽しむのも素敵ですね。

合わせて使おう。おもちゃ収納ボックス

バラバラしやすいおもちゃには引き出し式

B8cbc5246137cb2b9b34983e4c9e624b7d7ecbf8

出典: roomclip.jp

ちっちゃいおもちゃは散らかりやすくて片づけにくい!おまけにそこらに落ちてているのをウッカリ踏むと、結構な痛さだったりします。

そこでバラつきやすいおもちゃは、全部まとめて1つの引き出しに入れてしまいましょう。そうすると出すときも簡単だし、お片付けの時は引き出しを持ってきてポイポイとその中に入れてしまえば簡単に片づけることが出来て便利です。

これぞシステム家具の最高峰

リビングテーブルが革新的進化

B6ce4d5c081ed1ba6a90751dd1694e6a7a239d51

出典: roomclip.jp

カラーボックスをいくつか長方形に組み合わせれば、なんとリビングのテーブルになりました!

天板は別で付ける必要がありますが、大きさも形も自分好みで自由自在に作ることが出来る完全オーダーメイドなテーブルもDIYなら製作可能。

全面が収納になっているのも素晴らしい!見た目も個性的で収納力もバツグンのリビングテーブルのDIYの実例です。

テレビ台として大活躍

A1700dd8a6be0dc2220e9dff8a5ebc0d5add9a34

出典: roomclip.jp

テレビ台もカラーボックスで作れます。こちらはちょっと高度なDIYされたテレビ台。前面に扉を付けて、色もブラックに塗装しています。独特な雰囲気がアジアンテイストでオシャレ。

ローテーブルの味のある木の風合いと、シャープでモダンな印象のラグマットとのコントラストも素敵ですね。さりげなく添えられた植物のグリーンが鮮やかで落ち着きのある差し色として映えています。

モダンな壁面収納がクール

インテリアを楽しみたいなら

カラーボックスを複数個組み合わせて、壁面収納として設置しました。1こずつ壁に取り付けるよりも、複数個を合体させて1つの家具として一気に壁に取り付ける方が簡単にできるそうです。

上部と下部はカラーボックス用の扉を付けて見えない収納にアレンジ。真ん中、目線の高さの部分はオープンにすることで、圧迫感があまり強くならないよう工夫されています。透明なプラスチックの棚に色鮮やかな小物をディスプレイすれば、とってもクールでお洒落なインテリアとして使える壁面収納のアイデアです。

どんなアイテムが人気?

シンプルが使いやすさNo1

簡単ではありますが、サイズや相場について触れてきました。では実際に人気のカラーボックスをメーカー別に見ていきましょう。みなさんの家のお近くにあるメーカーはありますか?もちろん、通信販売でも入手可能です。

「ニトリ」のカラーボックス

内側は、板の高さを幅広く変えることができるので、自在な使い方ができるニトリのカラーボックス。もはや、ニトリの王道家具として有名ですね。カゴと組み合わせてナチュラルな雰囲気になるシンプルなホワイト、ナチュラル、ブラウンと、オーソドックスで使いやすいカラーが揃います。3段で、1,000円台前半という価格。サイズは、幅42×奥行30×高さ88cmと小ぶりなものが売れているようです。

「アイリスオーヤマ」のカラーボックス

5段のカラーボックスを横にして使ったロースタイルの収納空間。色やサイズの豊富なアイリスオーヤマのカラーボックスは、5段で4,980円(税込)。商品サイズは、幅約41.5×奥行約29×高さ約168.5cm。人気はホワイトをはじめ、ナチュラルなど使いやすいカラーです。アイリスオーヤマのカラーボックスは、板の釘跡や穴などが見えにくく、見た目に余分な凹凸がない、すっきりしたフォルム。

「無印良品」のカラーボックス

V3

出典: www.muji.net

無印良品のカラーボックスは「パルプ」製です。無印良品らしいベージュの色合いは、ミニマルなインテリアが好きな人、シンプルを追求するおしゃれな方に人気があるよう。2段〜5段までサイズも豊富です。

また、無印良品のカラーボックスには、幅25cmと若干スリムなものもあります。そのため、空きスペースを有効に使ったり、他のカラーボックスとの併用も楽しめますね。

「コーナン」のカラーボックス

ホームセンター「コーナン」のカラーボックスは、可動棚が追加できる板や、1段のカラーボックスも充実しているのがポイント。こちらの2段タイプのサイズは、幅41.8×奥行29×高さ59.2cmで、なんとお値段は1個、898円(税抜き)。

棚の位置が自在で、すき間をあえて狭めて書類ケースにする方も多いんだとか。お近くにホームセンターが無くても、通信販売での購入が可能です。

リメイクして楽しもう!

さて、カラーボックスのスペック面がご理解いただけたところで、今回のメインであるリメイクアイデアのご紹介をしていきましょう。利便性は随所に感じつつも、もっとも楽しいのは、やはり“DIYで自分だけの収納になること”ではないでしょうか。どんな楽しみ方があるのでしょう。さっそく見ていきましょう。

カラーボックスは、お好みのデザインに変えられる!

カラーボックスは、シンプルで飽きのこないデザイン性も、人気の秘密です。でも、それは裏を返せば「ありきたり」なインテリアにもなりうること。そこで、カラーボックスの内側を、自分のお好みのデザインペーパーや壁紙であしらい、オリジナルのカラーボックスに変身。棚に物を収納しても“チラ見せ効果”で、デザインが前面に主張しすぎないところがまたグッときます!

布やウォールペーパーでそれぞれの棚の印象を少しずつ変えた実例。なにもほどこさない箇所を残しながら、すべて同じではない絶妙なバランスにセンスを感じますね。カラーボックスは、生活感が出るという声もありますが、アレンジすればお好みの家具に変身する、ポテンシャルの高い家具なのです。

思い切ってペイントしてみるのもアリですね。白のカラーボックスに合わせたイエローが、その場を明るくしてくれています。二つ同じ色を並べてもいいですし、季節ごとに気分を変えて色を少しずつチェンジしていっても楽しそうですよね。

プラスアルファだけでも変わる♪

カーテンを使って目隠し。そしてカラーボックスのあいだに棚板を渡し、カウンターテイストの間仕切りにDIYした実例です。こんなふうに、原型を残しながらも、プラスアルファで機能の異なる家具にチェンジできるのもカラーボックスの楽しい一面です。

「扉」をつけると…

色だけでなく形も少しずつ変化させることができます。そのひとつの手段として「扉」をつけること。ホームセンターでカラーボックスに合ったサイズのフレームと取っ手を購入し取り付ければ戸棚として楽しめますね。中にしまってある物がほどよく“目隠し”されるのも嬉しいポイントではないでしょうか。

日曜大工が得意な方は、ベニヤ板を購入して、蝶番やマグネットで扉を本格的に取り付けた収納ボックスなども楽しめそうです。ヤスリをかけて加工した表面の味わい深さが、DIYの醍醐味を物語ります。

「引き出し」をつければより実用的に

どんどん増えていく子どものおもちゃ。大きい物、小さい物、種類もさまざまです。それらを上手に仕分けしつつ、シンプルかつきれいに片付けられたらいいですよね。そんなときのカラーボックスの使い方は、置いて収納するのではなく「引き出し」タイプにしてしまうこと。

子どもの背の高さに合わせたり、好きな色のボックスを子どもに選んでもらったりして引き出しを準備すると、お部屋がカラフルになるだけでなく収納の習慣まで身につきそうです。

同系色のバスケットを活用して、まるで引き出し付きの収納家具のように仕立てれば、見た目に統一感が生まれます。バスケットを使えば、物がしっかり奥まで収納でき、取り出しやすさもアップ。

お部屋のアクセントに(小物をDIY)

カゴやボックスに小物を入れて、それをカラーボックスに収めています。定番の収納術ですが、淡い緑とピンクの春らしい色合いを、このお部屋のアクセントカラーとしており、全体がひとつのまとまりとして美しくコーディネートされていますね。

季節ごとにファブリックを入れ替えるとお部屋の模様替えにもなります。カゴに付けられたファブリックに“Dolls”や“Books”など、収納するものの名前をつけて子どもも楽しく片付けできそうです。小さなところにほどこしたDIYも、お部屋全体がまとまればこんなに素敵に。

DIYに役立つ便利グッズ

雰囲気を変えてくれるリメイクシート

6499025e4c17345817bb002266c93da1a1c0acc9

出典: roomclip.jp

ダイソーやセリアなど、100均でも販売されているリメイクシート。手軽にお部屋の雰囲気が変えられると最近大人気になっています。色や柄も種類が豊富なので、インテリアに合わせてチョイスしたシールを貼るだけで、お部屋のイメージがガラリと変わります。

こちらは3段ボックスをリメイクして扉を取り付け、全体にレンガ模様のリメイクシートを貼ったもの。まるで作り付けの高級家具のような趣で、とても100均の材料で作ったとは思えませんね。

万能のすのこ

D9923359053be2f6057533f8601a347d304e3fa8

出典: roomclip.jp

こちらは同じくDIY材料として人気が高いすのこを使ったリメイク術。カラーボックスで大きめのチェストを作って、すのこで扉を作って取り付けました。天板とカラーボックス、すのこの風合いを統一して、ナチュラルな雰囲気がオシャレでどんなインテリアにもしっくりマッチしそう。まるでオーダーメイドの家具のような完成度の高さです。

すのこは通気性も良いので、中に収納するものの湿気対策としてもオススメの材料ですね。

アルミチャンネルも優秀

収納ボックスに扉を付けたい時はアルミチャンネルもオススメです。上下にコの字型のアルミチャンネルをくっつけて、板を入れるだけでスライド式のドアが出来ちゃいます。

こちらもDIYで作ったテレビボード。天板や側板にはホームセンターで購入した木材を使っています。木材は、購入時に好きな長さにカットしてくれるサービスがある店も多いので、あらかじめサイズを計っておくと便利ですよ。

扉になるコルクボード

扉になるのは市販の木材や板だけではありません。実はこの収納ボックスの扉、100均のコルクボードで作ったものなんです!

コルクボードに好きな色をペイントして、同じくセリアのアンティーク風のアイアンの取っ手を取り付けました。それをカラーボックスに取り付けただけ。カラーボックス以外は、全部100均の材料で出来ているとはとても思えません。工夫とアイデア次第で、とってもお安く思い通りの家具が作れるのがDIYの醍醐味と言えますね。

キッチン収納に使えるワイヤートレイ

07f1e3cd7df2e0640c810ee7fdd115d435d21897

出典: roomclip.jp

こちらも100均のアイテムで作った収納スペース。ワイヤートレイをカラーボックスのレールに掛けるだけなので、とっても簡単に作ることが出来ます。

ワイヤートレイは大きさも色もバリエーションが豊富なので、採寸をきちんとすればこんな使い方も出来ます。カラーボックス専用のものよりもずっと安価で、しかも中のものが見えるのでとっても使いやすそうなオリジナル収納ボックスですね。

こんな使い方が!?収納の実例ご紹介♪

単純に収納ボックスとして使うだけでなく、自分の手でひと手間加えると、愛着のある収納になることがわかりますね。

それでは、実際のアレンジ例を参考にして収納空間を自分らしく楽しんでましょう。

「リメイク」の実例

カラーボックスは、リメイクして楽しむ方が多い家具のひとつです。よく見られるのは、カラーボックスを2つ使用して、デスクにリメイク。足元のカラーボックスにたくさん収納できますし一石二鳥です。

無垢など天然の木材を使った天板を乗せれば高級感も出ます。初心者から専門家まで、幅広い方々が楽しまれているアイデアです。

17 large

出典: yaplog.jp

収納のためだけに使うのはもったいない!そこで、軽く腰をかける程度であればベンチとしても利用できます。

カラーボックスの上に乗せる、ある程度の重みに耐えられる木材をひとつ用意。その上にマットレス等を敷きます。玄関やリビングまわりに置いて、スツールとして使うのも便利ですね。

扉を男前インテリアにアレンジ。スプレーを駆使したり、塗料を上手に組み合わせて、扉をスタイリッシュに仕上げていますね。

カラーボックスの原型はもはやなく、すでに立派な収納棚です。手の込んだアレンジであればあるほど、愛着もひとしおです。

扉のあいだには、カーテンのようなテキスタイルで上手に目隠し。扉のあいだからのぞく花柄が、フェミニンな空間にしています。

カラーボックスの側面も、壁紙などで変化をつければ美しい天板風に。思い出の品々を並べて、自分だけのディスプレイ空間の完成です。

ベッドフレームとしてカラーボックスをリメイク。カラーボックスをしっかり収納としても活用しつつ、省スペースなアイデアに脱帽です。ちなみにこちらのベッドは、アイリスオーヤマの「カラーボックス活用術」コンテストで過去に入賞したアイデア。

このように、手を加えたり、形を変えて使うことで、カラーボックスは何倍にも楽しみが増えていくものなんですね。

20150908150724

タンスやクローゼットに変わる、新たな服の保管形式ではないでしょうか?夫のクローゼットなどにお困り、または利便性に特化したいなんて方にはおすすめですね。

リメイクポイントは、ハンガーが掛けられるように、レールをつけたこと。クローゼット同様にシワなく服を保存できるとともに、下は本来のボックスとしての役割が備わっているので好きな物を収納できます。

上記のように、すぐにはボックスにつけられるレールはない!サイズが見つからない!なんて方にはこちらがおすすめです。突っ張り棒さえあれば、カラーボックス通しの間に張らせて、服をかけることができます。

クローゼットの幅をとるほどではない子供の服には良いリメイク術ではないでしょうか?空間利用をうまく考えたカラーボックスの活用法です。

単純な机にリメイクされています。しかしなんだかオシャレに感じませんか?ボックスの大きさや、備付ける机用の板を自分思いの物にすることで、家のレイアウトに合ったものにリメイクできるのが魅力です。

机横の引き出しにお困りの方や、壁際に棚や机を作りたい方におすすめでしょう。

場所別カラーボックス使い方特集

冒頭でも述べたように、カラーボックスは場所を問わず楽しめるアイテム。その人の必要な場所、使いたい場所にしっくりとハマってくれる秀逸な一面があるのも魅力のひとつ。みなさんはどのような場所で使っているのでしょうか?

子ども部屋

左右対称の壁面収納に

カラーボックスを組み合わせると大型の壁面収納の誕生です。部屋に備え付けの収納がなくても、この方法で解決できますね。収納棚がひとつの壁面に集まることで、家具による圧迫感が抑えられ、部屋が広く感じられたりスマートな印象を受けます。

子どもたちが成長するにつれ、物が増えたり減ったりしてもそのときに応じて対応できるカラーボックスは、もはやマルチな家具。

色で仕分け!見せる収納に

ぬいぐるみや子ども用の小物は飾っておきたくなるかわいい色やデザインものがたくさんあります。そういったものはカゴやボックスにしまわず、あえて飾るように収納しましょう♪

飾りたいおもちゃのテイストに合わせてカゴやボックスの色を分けると、そのものが見せる棚として存在感をアピール。収納棚がステキなインテリアに大変身します。

リビング

「ロースタイル」で圧迫感なく

リビングなど、家族が集まる場所には、大きな窓があったり、テレビなどの大型家電もあるでしょう。ですから、大きな収納家具で空間を遮ってしまっては、大きなリビングももったいないですね。

家具のレイアウト方法としてもよく言われているように、ロースタイルは空間全体を広く見せると同時に、縦長の棚よりも、横長のほうが、収納家具であることがうまくカモフラージュされるもの。上に物が乗せられるメリットもあることから、装飾やお花などがお好きな方にはぜひ取り入れていただきたい使い方です。

手の届く場所にカラーボックスを

みんなの集まるリビングで遊ぶ子どもはとても多いのではないでしょうか。あちこちにおもちゃが散らばって、「いくら片付けても片付かない……」とイライラしたり頭を悩ませている方も多いはず。

そういうときには、過ごす場所の近くにカラーボックスを用意しましょう。手の届くところにあることが、片付けしやすい空間をつくるひとつの秘訣。また、ソファサイドに置けば、おのずとサイドテーブルとしての役目も果たしてくれそうです。

こちらもその応用です。ソファの周囲にレイアウトして、壁にあえて置かないという斬新なアイデア。ソファまわりは動線なので、ひとまとまりになっていればその周辺の動線をさえぎることがなく、省スペースにもつながります。壁に凸凹と収納棚が置かれているよりも、お部屋全体が広く見えそうですよね。

すき間収納として使う

リビングにはそもそも大型家具が多いですよね。ですから、カラーボックスをメインで使うよりも、「名脇役」として使ってみてはいかがでしょうか。たとえば、テレビボードの色を合わせて、テレビボード脇のサイドボードとして使ってみるアイデア。テレビボードに収まりきらない雑貨や小物をしっかり収納できるスペースになれば、お部屋も散らかりにくくなるかもしれませんよ♪

キッチン

カウンター下で収納に活用

カウンターキッチンのあるご家庭には、造り付けの棚がカウンター下に付いている場合と、何もついていない壁になっていることが多いでしょう。そのカウンター下は、収納の恰好の場所。

写真は、自作のカウンターの下に2つのカラーボックスを並べています。奥行きを通した部分と、壁で塞いだ部分があり、見せたいところは見せる、隠すところは隠すといったバランスを上手にとっています。食器がさりげなく並んだ姿が見えると、カフェテイストのような雰囲気を感じますよね。

家計簿など普段の家事に使うツールを置く場所にしたり、キッチンで作業するときにアクセサリーを外して置いておく場所にされている方も多いようです。

家電ラックとしても使える

コーヒーメーカーや電子レンジなど、小型のキッチン家電を置くための家電ラックは見つけにくいものです。いざ購入すると余分な空間が余ってしまったり、しっくりサイズ感が合わないこともよく起こるようです。もしサイズさえ合えば、電子レンジやケトル、コーヒーメーカーなどの家電はカラーボックスに収まります。冷蔵庫わきのすき間を上手に使いたいなという方にもおすすめです。しっかりサイズを測って、ベストなサイズのカラーボックスを見つけてくださいね。

カラーボックス+折りたたみボックスでアクセントを

カラーボックスそのものは、白、ベージュ、キャメル、ブラウンといったシンプルなカラーが多いもの。ちょっと人と違った差を出したいなと思ったら、中に収容するもので差をつけましょう。100円ショップなどにも売っている組み立て式の収納ボックスを使って、棚にデザインを。生活感を感じやすいキッチン空間は、こうした収納アイテムと合わせて見せない工夫をすることも必要ですね。

リネンで棚にアクセントをつける方法も。デザインのテイストやトーンを合わせたキッチンリネンを多用して、徹底的に生活感をブロック。それだけでなく、リネンのやわらかさがその場をなんだか優しい空気で包んでくれていますね。

カラーボックスを、自分の好きな収納ボックスやテキスタイルで装飾するという発想も、持っておくとインテリアコーディネートが幅広くなるかもしれませんね♪

カフェ風インテリアに

色をモノトーンで統一し、カフェ風インテリアに。シンプルなアイテムを余裕をもって並べることで、収納空間であることを忘れます。可動棚には別売のラックを合わせて、中身の見える収納になっており、スライドするだけでグラスも取り出しやすいですね。キッチンはなかなか人に見せることができる場所ではないとう方も、見せる収納のお手本に。

モノトーンに差し色を加えた、カフェライクなカラーボックス。一番上の段を上手に使ったアイデアですね。ちょうど目線を落とした場所に、自分の大好きなアイテムが並んでいると、見ているだけで気分もアガりますね。

板を扉にしたキッチンカウンター

C20c5b57ff86348abb6c9dcba1b955a11f340bb3

出典: roomclip.jp

キッチンカウンターをカラーボックス2個使ってDIY。側面にはリメイクシートを貼って、扉はベニヤ板を使って作りました。ベニヤ板を側面に合うよう濃いブラウンにペイントし、ステンシルもつければ、まるでオシャレなカフェのようなスタイリッシュな雰囲気です。

扉を付けると中のものの目隠しにもなり、全体の印象も全く別物にリメイクできるので便利ですね。

その他

ミニキッチンも作れちゃう!?

12670dcb70ae262a6596761fc3bc3d569b622f03

出典: roomclip.jp

いま、ミニキッチンを自作する人がかなり増えてきています。筆者の周囲でも、ミニキッチンを休日に自作して子どもに与えている同世代の友人が多く、子どもが家事に触れる機会も多くなったのではないかと感じていたとことです。

ミニキッチンといえば、少し前は日本ではおもちゃ屋さんでしか手に入らないものでしたが、有名なイケアにはミニキッチンという家具自体も置いてあり、おもちゃではなく家具として考えられているんですね。

そんなミニキッチンのワークトップに、カラーボックスを使うアイデアも。

まるでお店を開いたかのようなワクワクする絵ですね。黒板塗料を背に塗って、ポップなミニキッチンに仕上がっています。ガーランドも素敵な演出です。

洗面所やクローゼット内で活用!

棚on棚の組み合わせ技です。下段はカラーボックスを横にして、その上に奥行きの異なるサイズのカラーボックスを重ねれば、物を置くスペースが手前側にできます。洗面所であればものをたたんだり、洗濯物をちょこっと置いておくときにも役立ちそうですし、クローゼットであれば着替えのときに物が置けるので助かるでしょう。

収納力アップのダイニングテーブル

067a31a615c01ec3e98dd463eedbc9a7162c2fbc

出典: roomclip.jp

調理器具等の大きめのものも含めて、収納スペースがとにかく重要なポイントになるキッチン。でもスペースは限られてるから…そんな時には、自分で収納スペースを作ってしまうという方法もあります。

こちらはカラーボックスを組み合わせて作ったオリジナルのダイニングテーブル兼作業台。広々とした天板の下には便利で大容量の収納スペースがあります。これならお料理も効率よく出来て、しかもスッキリとした空間になりますね。

クローゼットの収納棚として

洋服の収納スペースとしてとっても重要なクローゼット。でも意外としまうものや小物も多くてキレイに片づけられない…そんなお悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

上手に片づけるコツは、空間をうまく使う事。もっと簡単に言うと、空間に仕切りを付けてしまえば用途別や種類別の収納がとっても簡単に出来ます。こんな風に、クローゼットの中にもカラーボックスを入れて、小分けになった収納として活用するのも◎ですよ。

カラーボックスをサイドテーブルに

キャスターを付けて、簡易テーブルとしても。2段のカラーボックスを横にして、キャスターを取り付けており、このままスライドできるテーブルとしても使えます。棚の中をさらに分割していることで、物をたっぷり収納できます。ちょこっと飲みかけのマグカップなどを置きたいときに、こうした場所があると便利ですね。

ペット用の家具にも!?

ペットも喜ぶ、キャットタワー風のリメイクです。カラーボックスを横にしてスタッキングし、猫が通れるような穴を開けていますね。安定感のある最下部にはベッドやエサ用品、下から2段目には扉をつけてペット用品を見せずに収納されているようですね。

カラーボックスなら、リーズナブルなので汚れまた取り替えることも苦ではありません。大切なペットのインテリアにまで活用されている方もいるんですね。

収納王子「コジマジック」カラーボックス活用術♪

片付けテクニック

カラーボックスの上に板を設置するだけで、デスクとお手軽な収納ラックに早変わり!単純に棚として使うのではなくちょっとした机にすることで、収納スペースだけでなく、家具として活躍をしてくれます。

おすすめはA4サイズの2段ボックスだそうで、背の高い大人でも合う高さに調節できます。板の大きさはレイアウトに合うように、ホームセンターで調節してもらいましょう(格安でやってくれるそうですよ)

超簡単でリメイクというほどの、労力を必要としないテクニックですね。2×2と3×3のボックスを一緒に活用することで、収納にすぐれた棚に変身!

ポイントとしては、利便性をあげるラックやカゴを安く入手して、カラーボックスとマッチングさせているところです。棚の下には車輪付きのラックをとりつけているので、色々なところに移動できちゃうんです。

棚の一つ一つにはカゴを入れて、中のものが見えることで安っぽく感じさせないような工夫がされています。

おすすめの「カラーボックス収納本」

51gsct1i18l
出典:  www.amazon.co.jp
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへ www.amazon.co.jp

スキマをうまく利用しようということで、コジマさんが監修した本です。おすすめとしては、入手しやすいアイテム(価格が安い、ダイソーなどで買える)だけで、収納スペースを作りだすことができるという点です。

面白いのはなんと「捨てろ」という提案があるということです。整理整頓には捨てることが一番という、なんとも開き直りのように感じつつ、認めざる負えない言葉が印象的なんです。

こちらの本はスペースの利用はもちろん、整理整頓についても詳しい記載があります。こんなカラーボックスの利用方法があるなんて知らなかったという評判もあり、持っておいて損はなさそうですね。

カラーボックスだけではなく、家の収納全体に関して学べるのは嬉しいでしょう。

いかがでしたか?

横にも縦にも使えるカラーボックスの魅力は、もはや無限。日本の狭い住宅事情からも、収納家具をひとつ購入するハードルは高いものです。でも、場所を問わず使えるカラーボックスなら、収納家具として使わなくなっても、捨てずに他の形で再利用できるスペックの高さがあるので安心ですね♪

シンプルゆえに、こだわる場所がたくさん隠れているカラーボックスの魅力をまとめてみました。あなたの家でも大活躍させてみてくださいね。

コツ・ポイント

最後まで読んでいただき、頭の中でカラーボックスをどこに使おうかイメージが湧いた方も多いはず。あなたの家にも、これひとつで収納空間がすっきりする場所が必ずあるでしょう。ぜひ、あなたの家に合った使い方を探求してみてくださいね♪

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。

いいなと思ったらシェア♪

このまとめに付けられたタグ