2016年06月29日更新

〜ダイソー・セリア・キャンドゥ・ワッツ〜100円ショップの違いを大解剖!

100円ショップは、日本全国至る所にあり、利用しやすく、そして便利ですよね。でも「100円ショップはどこも同じ」は昔の話。今時の100円ショップはお店ごとに特徴があることにお気づきですか?ダイソー、セリア、キャンドゥ、ワッツは日本のTOP4です。これらのショップの違いをご紹介します。

DAISO(ダイソー)

ダイソーは1977年に広島県で創業した100円ショップです。現在国内に約2700店舗、海外は25カ国700店舗出店という、日本を代表する会社の1つになりました。

実際に外国人観光客の多くはダイソーが大好き。外国人は日本で「ダイソー」と「ドンキホーテ」、それと「マツキヨ」で買い物をしていくと聞きますよね。他の100円ショップから2歩も3歩も上をいっているのがダイソーです。

店舗独自システム採用

7f5d9755 84e3 438e 8dc8 82c49de4af60

出典: M.Y

実は、ダイソーは店舗によってカラーもロゴも違っています。心斎橋店はピンク、お台場店はブルー、イオンモール福津店は黒というように、店内の雰囲気を変えているのです。ダイソーは「満遍なく商品を扱っている」100円ショップです。洋服や食品、ガーデニング、最近では酒類の販売もスタートしました。

様々な場所への出店

500 24206697

出典: 4travel.jp

ショッピングセンター入店や大型路面店としてのイメージがあるダイソーですが、最近では空港にも出店しています。この店舗は北海道の新千歳空港にあり、外国人観光客にも人気だそうです。出国前の日本人だけでなく、帰国間際の外国人も多く利用する店舗のようです。

海外支店事情(中国・広州支店)

ダイソーは100円ショップの中でも海外進出を果たしている企業です。海外旅行中にダイソー海外支店へ行ってみましょう。日本とは違った商品が売っているかもしれませんよ。

ダイソー公式HP

Seria(セリア)

セリアは岐阜県大垣市に本社を置く100円ショップの会社です。1985年に創業という新しい会社ながら、100円ショップ界では第2位の売り上げを誇っています。

女性がターゲット

A69bccee 1b97 4d2c b801 946f3059df95

セリアのターゲット層は、ずばり「女性」。ナチュラルでシンプル、そしてかわいいものをメインに扱うセリアは、今や女性が大好きなお店の1つにまでなっています。店内は明るくてさわやか。間口も広く取ってあり、女性が入りやすい雰囲気を演出しています。

セリア=DIYという図式

セリアが最近力を入れている分野はDIY。DIYは男性の趣味ではなく、今や女性の趣味になっていますよね。売っている商品をそのまま使うのではなく、リメイクして自分の色を出す。それが現代のDIYです。

セリアのリメイクDIYがネット上にUPされると、「いいね!」や拡散が始まります。セリアとDIY、それとSNSは切っても切れない関係となりました。

食品の取扱が少ない

セリアによく行かれる方はお気づきかもしれませんが、セリアは他の100円ショップと比べると食品の取扱が少ないです。製菓用のチョコやトッピング材料などはありますが、スナック菓子等のおかしは見かけません。

この点は他の100円ショップとの大きな違いです。

セリア公式HP

Can★Do(キャンドゥ)

キャンドゥは、東京都新宿区に本社を持つ、100円ショップ業界内3位の会社です。店舗数は814店舗、会社のロゴにもある★がキーポイントとなる100円ショップです。HPもとてもかわいらしい造りとなっていて思わず笑みがこぼれます。公式HPではネット通販も開始、色々と新しい試みにでています。

利用しやすい店舗を目指して

キャンドゥもダイソーと同じように店舗改革に乗り出しました。店名のロゴもオシャレな「Can★Do」に変更、店内に買い物用カートを設置、通路の幅を広く取るなど、従来のキャンドゥから変わってきています。店舗も明るい雰囲気になりました。

PBの「Do!STARS」

キャンドゥ内で「★」のマークを見たことがあるでしょうか。これはキャンドゥのプライベートブランドである「Do!STARS」で、品質や機能などで他社には負けない商品に付いているのだそう。

キャンドゥ内では★の商品に気を配り、商品を手に取ってみてください。キャンドゥ自身がお墨付きをつけている商品です。

イメージキャラクター「はっ犬ワンドゥ」

キャンドゥには他の100円ショップと違う所がもう1点あります。それはイメージキャラクターがいることでしょう。

キャンドゥのイメージキャラクターは「はっ犬ワンドゥ」。100円ショップの探偵をイメージして作られたのでしょうか、とってもかわいいキャラクターですよね。この顔みたさに店舗へ足を踏み入れるファンもいるのだそうです。

キャンドゥ公式HP

Watts(ワッツ)※店舗名「シルク」など

株式会社ワッツは大阪府に本社を置く100円ショップ企業です。業界内では第4位につけますが、ワッツという名前で店舗展開はしておらず、「meets.」「シルク」という名前で営業をしています。店舗数は業界3位のキャンドゥよりも多い941店舗となっています。

ローコスト出店・ローコスト経営

ワッツの店舗は小売店が中心で、店舗にはお金をかけておりません。スーパーの一角や地下街に出店するという隙間出店という形態をとっています。以前入居していたショップの壁や天井もそのまま使うこともあるそうです。

小物&消耗品を中心に

ワッツは店舗も独特ですが、取り扱う商品もダイソーのように多アイテムではありません。「小さい」「消耗品」を中心にしているようです。

100円ショップでPCまわりの商品やコード類の扱いがなかった頃、なぜかシルクだけは扱っていました。今でもそういった「隙間」を狙った商品構成をしています。

100円ショップに関する記事はこちらも参照ください

コツ・ポイント

100円ショップといっても色々と違いがありましたね。ダイソーは「何でもある」、セリアは「おしゃれ」、キャンドゥーは「かわいい」、ワッツは「マニアック」。4社4様、違って良いのではないでしょうか。100円ショップは日本人だけでなく海外からも注目されている日本の産業です。これからもどんどん成長してほしいですね。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。

いいなと思ったらシェア♪

このまとめに付けられたタグ

viewView
725954
likeお気に入り
9683

アクセスランキング

昨日人気のあった「おでかけ」に関するまとめ