2016年07月25日更新

知らないなんてゼッタイ損!お米を美味しく炊くための裏ワザ8選

美味しいものはいっぱいあるけど日本人ならやっぱりお米!炊きたてのふっくらツヤツヤご飯を食べると、本当に幸せな気分になりますよね♡でも、安いお米やちょっと古いお米を使うとパサパサに炊き上がってしまうことも……。そうなる前にぜひ知っておいて欲しい、ご飯を美味しく炊く裏ワザをご紹介します♪

氷を入れて炊く

Dsc00202 1 600x400

出典: feb29.org

お米を炊く時、氷を1~2個入れてから水を規定値まで注ぎ、15分ほど放置しておきます。あとは普通に炊くだけで、いつも以上に美味しいご飯が炊けるのです。
氷で水温を低くすることで米の吸水速度が遅くなり、粘り気が出て美味しくなるのだとか。また、お米は冷やすことでアミノ酸が増えて旨みが出るそうです。簡単にできる方法なのでぜひお試しあれ!

オリーブオイルを入れて炊く

Oliveoil1

出典: gafpsp.org

お米2合に対してオリーブオイル小さじ1杯を入れて炊くと、ツヤツヤのご飯が炊けます。すぐにパサパサになりがちな古米を炊く時にとても使えるテクニックですね!
オリーブオイル以外にも、サラダ油でも効果があるそうです。油でベタベタしそうなイメージがありますが、全体に対してほんの少しの量なので大丈夫ですよ♪

ハチミツを入れてみる

お米をといだ後、水を入れて浸水させる際にハチミツを入れて溶かします。ハチミツの量は、お米2合に対して小さじ1杯、4合では大さじ1杯です。そのまま30分~1時間浸水させた後、炊飯器で普通に炊きましょう。
ハチミツに含まれるアミラーゼという酵素が、ご飯に含まれるデンプンを分解し、ご飯の甘みを引き出してくれます。色と香りの薄い、アカシアやトチのハチミツを使うのがおすすめです♡

昆布を入れて炊く

お米を炊く際、適当な大きさに切っただし昆布を入れて炊いてみましょう。炊き上がりの香りがとっても良く、精米したてのようなふっくらとした美味しいご飯に仕上がります。だし昆布の代わりに塩こんぶを入れると、塩気のあるご飯になりますよ♪

にがりを入れて炊く

20160701210955

出典: pixta.jp

豆腐作りに欠かせない”にがり”を使ってご飯を美味しく炊くことができます。お米1合に対して1摘のにがりを入れてご飯を炊いてみましょう。ふっくらもちもちの食感で、安いお米でも高級米のように仕上がるそうです。にがりにはマグネシウムなどのミネラルが豊富なので、身体にもよいとされています。

備長炭を入れて炊く

竹炭や備長炭を入れてご飯を炊くと、美味しいお米に炊き上がります。炭のミネラル分がお米に染みこんで、炊き上がりに粘りが出るそうです。また、炭には消臭効果があるので、古いお米の気になる匂いを消してくれるんです♡
備長炭は10分ほど煮沸消毒をしてから使います。毎回使用前に消毒するのが理想ですが、水洗いだけでも大丈夫です。それでも3日に1回は消毒するようにしましょう。

大根おろしの汁を入れて炊く

大根をすりおろして絞った汁を、お米2合に対して大さじ1杯を加えて炊きます。大根の持つアミラーゼという成分がデンプンを分解してくれるので、芯まで水を吸ってふっくらと炊き上がるのです。
毎回大根をすりおろすのは大変なので、まとめて作って製氷皿にでも冷凍保存しておくと楽チンですよ♪

ミネラルウォーターで炊く

20160701210957

出典: pixta.jp

お米を美味しく炊くなら水にもこだわりたいものです。水道水でなくミネラルウォーターを使用するともっともっとご飯が美味しくなります♪ミネラルウォーターは軟水のものを使いましょう。硬水で炊くと、ご飯本来の甘みや風味が十分に生かされないそうです。

炊き上がった後が大事!

1421228585 1

出典: qb-ch.com

せっかく美味しく炊けたご飯も、炊飯器にそのまま放置してたら台無しです。炊き上がったらすぐにしゃもじで釜の中を十字に切り、1辺ずつ底からすくって上下を入れ替えます。米を潰さないよう、空気を含ませながら丁寧にほぐすようにしましょう。このプロセス1つでご飯の保温状態が変わってきます。

コツ・ポイント

ちょっとした工夫でご飯が美味しく炊けるテクニックをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?使用するのはどれも家にあるようなものや、スーパーで手に入るものばかりなので、今すぐにでも実践できそうですね♪いろんな裏ワザを試してみて、自分好みの味や質感を探してみるのもよいかも知れません。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。

いいなと思ったらシェア♪

このまとめに付けられたタグ

    viewView
    561519
    likeお気に入り
    32978

    アクセスランキング

    昨日人気のあった「その他」に関するまとめ