2016年03月11日更新

余った「アロマオイル」を有効活用!幅広く使えるアロマの使い方5選♡

アロマテラピーで使用するオイル、ついつい沢山の種類を買ってしまって使い切れないということはありませんか?そんな時はアロマオイルを掃除やインテリアに利用してみましょう。自然のパワーで汚れや臭いも撃退してくれますよ。おすすめのアロマ活用方法をご紹介します。

使い切れなかったアロマオイルを有効活用しよう!

インターネットでまとめて買ったアロマオイル。しかし、数が多すぎて使い切れないということはありませんか。そんな時はアロマオイルを掃除や家事に活用してみましょう。おすすめのアロマオイル活用術をご紹介します。

Set 12

出典: aromacure.net

①臭い消し

重曹2分の1カップに対し、数滴のアロマオイルを混ぜると消臭剤が完成します。トイレや靴箱など臭いの気になる場所においておきましょう。

瓶のままおいて置いてもOKですが、こんな風にお茶パックに入れても良いです。

更にティッシュケースのような入れ物に入れれば、靴の消臭剤としても活躍できます。

②重曹入浴剤

重曹500gに対しアロマオイルを30~50滴ほど入れて入浴剤を作ります。入浴時には大さじ3杯を目安に使用してください。重曹が余分な皮脂を取り除いてくれるそうです。

130614 bath

出典: slism.net

重曹風呂の後はお掃除が楽ちんになります。洗剤を使わなくてもさっと汚れが落ちます。美容と掃除がまとめてできる優れものアイテムです。

③ハーブのエッグキャンドル

削ったろうそく(もしくはパラフィン)とアロマオイル、卵の殻を使ったエッグキャンドルです。無臭のろうそくにアロマで匂いをつけることができます。

エッグキャンドルの作り方

④リネンウォーター

アイロンがけの時に使用するリネンウォーターも自分で手作り可能です。ラベンダーやティーツリー、ローズマリーなどの精油は殺菌効果があります。リネンウォーターはこれらのアロマオイルで作ってみてはいかがでしょうか。

リネンウォーターの作り方

⑤芳香剤

冷蔵庫の隅に山住の保冷剤を使って芳香剤が作れます。保冷剤一パックに対し、アロマオイルを10滴ほど入れて混ぜるだけ。匂いは7~10日持つそうです。

Column 081st4 1

出典: bimajin.jp

保冷剤アロマの作り方

コツ・ポイント

いかがでしたか?使い切れなかったアロマでも色々な使い方ができますね。物を無駄にしないよう、使える物は有効活用しましょう!

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。

いいなと思ったらシェア♪

このまとめに付けられたタグ

    viewView
    18874
    likeお気に入り
    593

    アクセスランキング

    昨日人気のあった「美容・健康」に関するまとめ