2016年08月10日更新

縦長リビングのレイアウト術。広く使うコツや実例集を紹介

縦長リビングのレイアウトは他のタイプより少しコツが必要です。壁面が多い分家具は置きやすいですが、閉塞感を感じがち。縦長リビングを120%活用するにはどうしたら良いのでしょうか。インテリア画像を参考に、いろいろなパターンを見ていきましょう。

縦長リビングとは

縦に長いリビング

20160708212901

Licensed by gettyimages

縦長リビングとは字のごとく縦に長いリビングを指します。横幅よりも縦幅の方が長いため閉塞感は多少なりとも感じますが、壁面が多く壁つけ家具の配置には困りません。奥行きを感じさせる造りは部屋を広くみせる効果もあり。

縦長リビングはマンション戸建て問わず人気の間取りです。

Tanoji

出典: www.nomu.com

縦長リビングの場合、リビングの横に一部屋あるケースが多々みられます。隣室は寝室やプライベートルームに使えるので便利です。

マンションの横長リビングではリビングに接する部屋に窓がない例がほとんど。縦長リビングの場合はすべての部屋に光が入る例が多いでしょう。

メリットは奥行きと仕切りやすさ

20141204165544

出典: iemo.jp

縦長リビングのメリットは、奥行きと仕切りやすさの2点。奥行きがあると部屋が広く見えます。

リビングとダイニングスペースを仕切りやすいのも良い点ですね。横長リビングの場合はダイニング部分が狭くなりがち。縦長リビングは広々使え、家具選びもさほど困りません。

家具選びはしやすい

20160708213556

出典: pixta.jp

縦長リビングには壁が多く、家具設置には困りません。大きなソファも置けますね。3シーターやL字型のソファも無駄なく無理なく設置可能です。横長リビングは開放感があっても家具選びには制約が多いでしょう。

リビングは横長縦長どちらにも長短がありますが、長年愛されてきた縦長リビングは暮らしやすい間取りです。

縦長リビングのソファ設置例

大きなソファは壁に沿わせて設置

20160708215309

Licensed by gettyimages

縦長リビングではどのようにソファを配置するか悩んでいませんか?そんな時は「壁にあわせて配置する」ことをオススメします。理由は単純。ソファを壁に置いたほうがテレビとの距離をとれるのです。

窓際にソファを設置すると日光が入り気持ちよくテレビを視聴可能です。映画鑑賞時はカーテンで部屋を暗くしてみましょう。

L字ソファでスペースをわける

Evillagestudio 02

出典: jpda.net

リビングとキッチンのスペースがあいまいになっていて境界線をきちんとつけたいと考えている方は、L字型のソファを壁際に置いてみます。L字型のソファによって自動的にキッチンより向こう側の景色を見るように。さらに、L字でリビングとキッチンに仕切りを作れます。

部屋の真ん中に設置する

細長い構造の縦長リビング。窓際にソファを置かず、部屋の真ん中に置くのも新鮮です。テレビのある位置に合わせてソファ置き、リラックスタイムを過ごしやすくしましょう。

ソファは壁にぴたっとつけても良いし、離して置いても良いですね。

ダイニングとインテリアを統一

ダイニングとソファを同じメーカーにするだけでインテリアに統一感が出ます。

部屋に一体感が生まれるとそれだけでおしゃれに。見た目にも美しく調和が目に優しいのです。黒と白を基調にしたキッチンにあわせて、壁の色や家具を同じく白と黒になるように合わせています。さらにそれに合わせた小物を置いていくだけでより雰囲気が出て長居しても疲れない調和の取れたスペースを作れます。

テレビの配置に悩むリビング

テレビを隅に置いて空間を広く

テレビやテレビ台は大型家具になるのでどうしても場所をとってしまいがちですよね。しかし縦長の空間をうまく使いたいという場合にはテレビをお部屋の隅に置いてみてはいかがでしょうか。お部屋全体の圧迫感も少なくなり、広さも感じられるようになるはずです。レイアウトの自由度も広がりますよ。

ソファの前に設置

テレビをみるときはソファがメインの人は、ソファの対極にテレビを設置しましょう。ダイニングからは見づらくなりますが、食事中は会話に集中できます。

テレビが大好きな家庭は2つ用意する手も。卓上型や小さなタイプを壁掛けしてみても良さそう。

システム収納に設置

テレビは圧迫感がうまれやすいので壁面収納に納めてしまう方法がおすすめです。

IKEAやニトリではシンプルで飽きのこないタイプのシステム収納を発売中。カラーもホワイトやブラック、ブラウン等変化に富んでいます。お部屋のテイストに合わせて選んでみます。

テレビ台に設置する

テレビは小さなテレビ台に設置も一般的です。AV機器やゲーム機が入る程度のチェストを設置すれば、高さで圧迫感が出ることはありません。ダイニングテーブルやソファと色を合わせると統一感が出ます。

狭いリビングはダイニングに工夫を

ソファとリビングテーブルの双方からテレビが観られるレイアウトです。丸テーブルの場合は椅子の位置が移動できるのが良いですね。

狭めのリビングはダイニングテーブルを小ぶりにするとすっきり。スクエアより丸型テーブルがおすすめです。

ダイニングからでもテレビが観られる配置

A  47dc854c4fb78

出典: profile.ne.jp

食事中にテレビも観たい人におすすめの設置例です。

テレビはソファと対面にするのではなく、真横に設置します。大きい画面のテレビにすればダイニングテーブルからもテレビが見られます。

家具配置が一直線の例

ダイニングテーブルとソファ,テレビが一直線になった配置例です。テレビまで遠いのが難点ですが、苦しい体制を取らずにテレビ鑑賞が可能になりますよ。

リズムが感じられず単調な部屋になりがちなので、観葉植物を設置して部屋に彩りを加えてみましょう。

テレビを壁に埋め込んでしまうのもおしゃれ

「テレビ台」というよりも、テレビを壁に埋め込み、壁の装飾の一部として棚やライトと一体化させたおしゃれな演出です。ブラウンの壁がとてもシックで、落ち着きがありますね。

テレビの架台がない分、リビングが広く使えるメリットもあります。

縦長リビングのデメリット解消法

背の高いグリーンを配置し視線を上に

20160708215825

出典: pixta.jp

壁際にソファを置いて、スペースを確保できたら、次はスペースを広く感じるコツを教えます。その方法の一つが「観葉植物を置く」ことです。

ソファはただ置くだけでは駄目。背の高いものをサイドに置くと上に視線が行くようになって横の狭さを感じなくなります。何かリビングに色気がないと感じているならば植物を置くだけでよりナチュラルな空間を作り出せます。

ミラーを置いて圧迫感を軽減

Pic03 b

出典: www.homify.jp

ちょっとした工夫の一つとしてミラーを置く方法も試してみましょう。圧迫感を解消する有効な方法で、同じ壁なのにも関わらず奥行きが出る方法を利用しています。

ミラーのある場所だけ奥行きがあり、部屋のスペースが広がっているように感じますね。ミラーは縦長横長でも雰囲気が異なります。縦長なら立てかけられるので簡単に雰囲気チェンジができますね。

リビングに置く家具は背の低いものを選ぶ

縦長リビングのレイアウトを考えたらつぎは置く家具を考えます。置く家具を選ぶときの基本的なポイントは、圧迫感を感じないものを選ぶこと。できるだけ背の低い家具を選ぶようにするとおしゃれに仕上がります。

背の低い家具によって高さに広がりが出て圧迫感を感じなくなります。

圧迫感を抑える丸い家具を設置

もう一つ、圧迫感を抑えるためのアドバイスを。丸い家具を選んでみましょう。先のとがった家具だと角の部分が歩く邪魔をしてスペースが狭くなり窮屈さを感じてしまいます。

特にテーブルは丸い物を選びます。角が丸い家具は優しい雰囲気を作り出し、圧迫感を軽減します。

サイズの小さな家具で揃える

20160708225707

出典: pixta.jp

背の低い家具を選ぶことと似ていますが、やはりスペースをうまく使って窮屈な感じを持たせないためには、家具類のサイズを小さめにする手段が有効です。ソファやテーブル、テレビ台等はリビングではメインとなる家具。

少し小ぶりなもので揃えると広々と空間が使えるのでおすすめです。

色味を淡くしたカラーリング

9adcf1f9301e9b909df52eac6221c7b13bf06a9b

出典: roomclip.jp

圧迫感のある重厚な色の家具は部屋を狭く見せる傾向に。広くみせたい人は淡い色の家具をチョイスします。

ホワイトの壁を多くみせるのも圧迫感を減らすテクニックです。壁面収納で中身がみえないなら良いけれど、ごちゃごちゃと雑貨やものが出ていると余計狭く見えるので注意です。

オーディオ機器も一緒に壁収納

テレビの並びに、オーディオ機器が入るコンパクトなくぼみを設けると、驚くほどすっきりした壁面になります。

壁面を新たに新装すると、お部屋の中に置く家具もまた違った形で楽しめるようになったり、居心地が変わったりするでしょう。このように、壁に着目した空間づくりは、家族の暮らしを快適に変えてくれそうです。

20151113195213
株式会社トラスト株式会社トラスト
  • オーディオ壁面収納
  • 無垢材を使って好みのサイズに仕上げます。

    趣味のオーディオ機器を収納して内部にスピーカー配線をすることが可能です。すっきりとした趣味のスペースにおススメです。ちょうどDVDやCDを置けるスペースになっていますが、奥行を浅くすることで部屋を狭く見せず、それでいて機能的な造りにすることができます。

    棚の上にお気に入りの雑貨や写真立てを飾ってもステキです。
  • ¥300,000〜
  • 2952
  • 1

テレビの位置、テレビ台のサイズ、いろいろ考えても理想な状態が難しそうなら、プロに相談してみるのもひとつの手段です。スペースの有効活用だけではなく、配線の処理などについても新たな解決策が見つかるかもしれません。

コツ・ポイント

工夫によっては狭く感じる縦長リビングも、家具の置き方次第や色使いだけで大変身します。床の色や壁の色、インテリアテイストを考え、部屋の大きさや雰囲気にあった部屋づくりをしてみましょう。色味を濃くすると重厚で狭い印象になります。縦長リビングは横幅が狭いのがデメリット。少しでも広くみせるために、色使いはチェックしてくださいね。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。

いいなと思ったらシェア♪

このまとめに付けられたタグ

viewView
305635
likeお気に入り
733

アクセスランキング

昨日人気のあった「インテリア」に関するまとめ

このまとめで紹介している商品

※最新の情報は商品ページでご確認ください