2016年06月30日更新

靴の臭いを消す方法。消臭剤がなくてもできる簡単×便利な方法

お友達宅に遊びに行って、靴を抜いたら臭いが!というとき、靴の臭いを消す方法を知っていると慌てなくてすみます。普段から気をつけておくことやおうちにあるものでかんたんにお手入れができますから、ぜひ実践してみてくださいね。

臭くなる原因

汗や皮脂

20160623163430

Licensed by gettyimages

汗や皮脂は無臭ですが、雑菌がそれらを餌にして出した老廃物が臭いの原因です。足は1日にコップ1杯分も汗をかきますから、臭うはずですね。

脂分の多い食事をしていると汗や皮脂の分泌が多くなり、臭いがしやすくなりますよ。バランスのよい食事を心がけましょう。

靴に潜む雑菌

20160623163605

Licensed by gettyimages

雑菌はもともと足にいたものです。これは人と共存しているものですから、普段は悪さをしません。

菌は人肌の温度と高湿度、餌の条件がそろうと爆発的に増えます。汗をかいた靴の中はまさにこの状態。通気性のよくない革靴やブーツ、レインシューズなどは特にですよ。臭わないようにするには、この条件をくずしてしまいましょう。

身近なものでできる臭いの取り方

重曹で簡単消臭

20160623163659

Licensed by gettyimages

重曹には消臭効果と吸湿効果がありますよ。靴下などに100g程入れて輪ゴムで口を縛り、朝まで靴の中に入れておくだけ。これで湿度が下がり、臭いも分解されます。

足の臭いには洗面器などにお湯をためて、重曹を大さじ3程度溶かして足湯します。15分ほどで臭わなくなりますよ。

急ぎのときには靴の中に直接ふりかけてしまいましょう。揺すって全体に行き渡らせ、粉を捨てれば完了です。

10円玉だけでできる方法も

20160623163749

Licensed by gettyimages

10円玉の原料である銅が汗でイオンになり、消臭効果を発揮します。消臭といえば銀ですが、銅でも同じ効果が得られますよ。

脱ぎたての靴の中に3枚ほど入れておくだけ。朝にはスッキリ臭わなくなっていますよ。きれいな10円玉を使った方が効果があがります。

レモンのパワーで

20160623163842

Licensed by gettyimages

魚を捌いたときの手の臭い消しにレモンはよく聞きますが、靴でも消臭効果を発揮します。

レモンを搾って布などに染みこませ、靴の中に入れておくだけ。お出かけ前に入れておくと、レモンのいい匂いで気分もあがりますね。ただ、湿気にならないように、染みこませすぎには注意しましょう。

新聞紙で吸湿&防臭

20160624203613

出典: pixta.jp

吸湿効果といえば新聞ですね。インクには消臭効果もありますよ。

新聞紙を丸めて、奥の方から押し込んでいきます。つま先は特に汗がたまりやすいので、しっかり詰めましょう。きれいに形を整えて朝まで置いておきます。

下駄箱の匂い消しにも使えますよ。新聞紙を敷いておくだけ。扉の裏に貼り付けるとさらに効果があります。

アルコールで殺菌

菌を直接殺してしまう方法です。アルコールは薬局にあるものを使いましょう。度数が違うので飲用ではいけませんよ。

殺菌はできますが、できてしまった臭いを消すことはできません。足の菌はいくらでも増えるので、早めに一時的な予防として使うか、きれいにった靴の仕上げに使うとよいでしょう。

飲み終わった紅茶を再利用

飲み終わったものでも、新しいものでも、よく乾かした茶葉を茶こしパックに入れて靴の中に朝まで入れておきます。完全に乾燥していないと湿気の原因になりますから、気をつけてくださいね。

紅茶には消臭効果があります。ハーブや柑橘系のエッセンシャルオイルを垂らしておくといい匂いになりますよ。2週間程で交換しましょう。

冷凍庫に入れる

20160623164947

Licensed by gettyimages

ちょっと抵抗がありますが、効果はあります。同居されている方に相談してからやってみましょう。

中まで日光に当ててきれいに干した靴を、密封できる袋に入れて冷凍庫に1日入れておきます。冷凍されて臭いの元のバクテリアが死んでしまいますよ。

ミョウバンを水に溶かして

ミョウバンは酸性で、菌は酸に弱いため除菌作用がありますよ。

水を1リットル沸かし、焼ミョウバンを50g溶かします。それに水を1リットル加えてできあがり。冷蔵庫に保存すれば1カ月は持ちますよ。

これを20倍に薄めて足の指の間に塗ったり、靴の中に吹きかけたりします。薄めないときつすぎるので必ず薄めてくださいね。

チューブわさび

20160623165312

Licensed by gettyimages

お弁当などの殺菌効果に使われるわさび。靴にも使えますよ。

靴の中にキッチンペーパーなど吸湿作用のあるものを敷きます。その上にラップに500円玉大に出したわさびをのせましょう。靴の下にもキッチンペーパーを敷いて、上からラップでくるんでしまうと、吸湿と脱臭、殺菌が効果的にできますよ。

コーヒーかす

コーヒーを入れたあとに必ず出るかす。このかすには脱臭効果がありますよ。

よく乾燥させたかすと炒った塩、重曹を混ぜて布などにくるんで靴の中に入れておきます。コーヒーかすが臭いを消し、塩が湿気を取って重曹がカビを防止します。ミントやティーツリーなど殺菌作用のあるエッセンシャルオイルを混ぜるとさらに効果的ですよ。

活性炭代わりに焦げたパン

20160623165707

Licensed by gettyimages

臭い取りでは活性炭が有名ですが、こげパンで代用できます。

期限の切れたようなパンをトースターで黒焦げにし、切って靴に入れておくだけ。臭いをパンが吸い込む作用なので、吸い込みきれなかったり、温度や湿度によっては効果が薄いこともあります。よく焦がして、臭いがきついときは多めに入れましょう。

お天気の日に天日干し

乾燥させることによって、菌が繁殖する条件を崩します。太陽光には殺菌作用もありますよ。

洗える靴ならきれいに洗って干すとなおよいでしょう。革の靴は紫外線で変色してしまうこともあるので、風通しの良いところで陰干しがいいですよ。

お菓子の乾燥剤

2 000000004289

出典: tomiz.com

天日干し同様乾燥させることで菌の繁殖を抑えます。

お菓子や海苔などについている乾燥剤を集めておいて、靴下やストッキングなどにまとめて靴の中に入れておくだけ。石灰のものは固まったら捨てましょう。シリカゲルだと、天日干しで復活しますよ。

話題の白い粉(グランズレメディ)

うわさのグランズレメディ。この粉を靴の中に直接振りかけてそのまま履くだけ、というお出かけ直前でもできる画期的商品です。

粉が入ったまま履くのは抵抗があるかもしれませんが、履いているうちに消えてしまいますよ。色移りなどもありませんからどんな靴にも使えます。

履いてすぐは粉が靴下についてきますから、気をつけましょう。

出先でもできる臭いの取り方

靴下を取り替える

20160623170711

Licensed by gettyimages

菌が増える原因は汗でしたね。靴下はこの汗を大量に吸い込んでいるので、靴下を取り替えるだけでもすっきりしますよ。

今日は危ないな、と思ったら、密封できる袋に入れて持ち歩きましょう。交換した靴下はしっかり袋を閉めておかないと臭いますよ。

足をきれいに拭く

除菌シートなどのポケットティッシュサイズを持ち歩けば、いざというとき使えます。素足にサンダルなど、靴下を履いていないときは手軽でいいですね。

足の裏よりも指の間が一番汗が貯まります。指を広げてよく拭きましょう。

消臭スプレー

消臭だけでなく、抗菌効果も兼ね備えたスプレーもありますね。靴の奥まで届くようにスプレーしましょう。かわいい携帯用のスプレーに入れ替えれば、誰も足の臭い用だとは思いませんよ。

即効性はありますが、根本的な解決にはなっていませんので、おうちに帰ったらきちんと処理しましょう。

臭いを予防する方法

素足に履かない

足から出る汗を吸い取るものがないままになってしまいますので、間違いなく臭います。サンダルなど通気性のよいものならまだしも、ローファーなどは論外ですよ。

汗を吸った靴下も臭いますから、消臭靴下などがよいでしょう。消臭効果のある中敷もありますよ。

靴を休ませる

20160623172523

Licensed by gettyimages

靴の中の湿気が取れないまま、連日履いていれば臭くなるのも当たり前ですね。数足用意して、交代で履くようにしましょう。

1日履いた靴はそのまま下駄箱に入れてしまわず、風当たりの良いところで乾かしましょう。消臭効果のあるものを入れたりしてすっきりさせると次履くときにも気持ちいいですよ。

かわいいサシェで臭い予防

靴や下駄箱の中に

Aroma main

出典: handcafe.jp

これまでいろいろ紹介してきましたが、玄関に膨れた靴下や10円玉が転がっているのはなんとなく嫌、かもしれませんね。かんたんな手芸でかわいいサシェが作れますよ。これならわざと出しておきたいくらいですね。

使わないときは下駄箱に入れておけば、下駄箱の中の消臭にもなります。3カ月くらいを目処に交換しましょう。

重曹サシェの作り方

通気性のよい生地を選ぶのがポイント。逆にあまり目の粗い生地では重曹がこぼれてしまいます。口をしっかり輪ゴムで縛っておいてからリボンなどを飾ってくださいね。

重曹に殺菌効果のあるポプリやエッセンシャルオイルを混ぜると効果倍増です。甘い香りのオイルは臭いが混ざって臭くなってしまうこともありますので避けましょう。

作り方はこちら

コツ・ポイント

身近なものでできる靴の消臭法はたくさんあります。ポイントは乾燥と殺菌。臭ってしまったものには消臭ですよ。普段から同じ靴を連日履かない、履いた靴はしっかり乾かすなどしておけば、ひどいことにはなりません。カバンの中に消臭スプレーを携帯しておけば完璧ですね。重曹サシェはかわいい上に使えるアイテムですから、家族分作って楽しみましょう。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。

いいなと思ったらシェア♪

このまとめに付けられたタグ