2016年02月22日更新

天井布がオシャレで可愛い。ふわふわロマンチック空間を楽しもう。

「お部屋の模様替えをしても、あまり雰囲気が変わらなくてちょっと退屈…。」「もっと大胆にお部屋が変わる方法はないかな?」そんな時は天井に布を張ってみませんか?手芸屋さんやファブリック専門店でお気に入りの布を手に入れるだけ。ピンや壁用ステイブラーを使えば壁の傷も目立たないので、賃貸にもお勧めです。布天井でお部屋を素敵に模様替した参考例をご紹介します。

天井布とは

その名の通り、布で天井を覆ってしまうこと。
お部屋の角が取れて柔らかくなります。

LEDイルミネーションライトと合わせて

20141029160632

出典: iemo.jp

発熱しないLEDのイルミネーションライトなら、布と一緒に使っても安心。ロマンチックで幻想的な雰囲気になります。

重ねてレイヤーに

大きな一枚布を使っても良いですが、サイズの違う布を何枚も重ねてレイヤーを作っても美しく仕上がります。

照明を囲むように

天井の照明から布のドレープが広がるような取り付け方も素敵です。

レースやチュール素材でも

レースが施された布や透明感のあるチュールを使うと可憐でフェミニンな印象に。結婚式のベールを再利用しても良さそうですね。

一枚でさらっと

Beautiful moroccan home living room

出典: indecora.com

天井全体を覆わなくても、一枚の布をサラッと取り付けるだけでお部屋の雰囲気は変わります。ブラックとグレーのグラデーションの布を使ってクールな天井に。

エキゾチックに

カラフルな色を大胆に使うとエキゾチックで異国情緒溢れるお部屋に。エスニックな柄のカーペットやソファが雰囲気を引き立てています。

ポップな飾り付けで

014b88152b71d7637f2fba4b76333136

イルミネーションライトを壁にも天井にもプラスしてポップでガーリーなお部屋に仕上がっています。
こんなベッドルームなら朝も明るい気分で目覚められそうですね♪

お姫様気分

201611 idbe12a 01 ph130045

出典: www.ikea.com

女の子なら誰もが憧れる、天蓋付きカーテンベッド。真っ白な布をあしらえば、乙女ごころをたっぷり満足させてくれそう。

透け感のある布を使うと、ベッドを囲むようにたっぷり布を使っても圧迫感がなく、部屋が狭く見えたりしませんね。

窓からの朝陽を柔らかく取り入れるので、眩しくて目が醒めることもなくゆったりとした朝が迎えられそうです。

リビングインテリアに合わせて

画像のように、部屋の壁紙やインテリア家具、ファブリックと合わせて色や雰囲気を統一させるのもひとつのアイデアですね。

狭く感じさせないばかりか、奥行きがあるようにさえ見えます。お部屋の雰囲気を無理やり変えずに、天井布のエレガントな雰囲気をプラスできます。

間接照明との相性もバッチリ。夜は少しリッチな気分で眠れそうですね。

明かりを優しく包んでくれる

マンションやアパートでは、部屋に備え付けの照明がついていたりしますよね。オシャレなシェードにしたかったのに…なんて、諦めてはいけません。こんなアイデアもあるんです!

照明を覆うように布を取り付けることで、まるでお洒落な間接照明のように見えませんか?

いつもの食卓がまるでレストランのよう。お客様を呼んでお料理をもてなしたくなりますね。

柔らかい空間を演出

透け感のない、ナチュラルな色の天井布を使用した例がこちら。

布を照明器具の下に留めることで、可愛いシェードを見せることができ、布の素材感や艶が分かりやすくなっています。白い壁、木目の柱…というシンプルなお部屋も、あえてランダムに留めた天井布のおかげで雰囲気の柔らかい空間に。

寝室だけではなく、リビング空間にも相性のいいアイデアですね。

玄関にもピッタリ

え?寝室だけではなくて玄関に?と思いがちですが、これが意外と素敵にコーディネートできるのです。

玄関に飾ってある小物やインテリアに合わせた色の布を天井に飾るだけで、殺風景な玄関もあっという間にナチュラルな雰囲気に変身。

画像のように、グラデーションで色が変わった布を使うとまた違う雰囲気になって素敵ですね。

天井と壁を使って

部屋のウッドブラインドやウッドデスクに合わせてナチュラル系の布をチョイスし、照明を覆うように布を張るだけで、柔らかい印象のお部屋に。

さらにワンランク上の演出をしたい人は、壁にも布を貼ることでお部屋のアクセントになります。

ポイントはすべて同じ色の布をあえて使わず、柄や色が違う布のチョイスをすること。画像ではアジアンで落ち着いた雰囲気を演出していますね。

布モチーフを飾りつけ

ぱっと部屋が明るくなるような、華やかな演出もたまにはいいかも!

布だけではなく、こんな風にたくさんの布モチーフを飾るのもアイデアのひとつ。大きな花のモチーフはあえて違う色を合わせてアートな印象に。やや大きく弛ませたペナントがポップさも演出してくれますね。

誕生日やお祝いごとのおうちパーティにぴったりです。

天井布の貼り方は?

①天井に直接、画鋲などで止める

さっそく天井にお気に入りの布を貼ってみたい!…でもどうやって貼ったらいいの?ちょっと大変そう…いえいえ、全然大変ではありません。

軽い素材の布であれば、画鋲で直接天井に止めるだけでOK。これなら初心者も気軽にチャレンジできますね。

重い素材の布や、重みのある布モチーフの場合は重さで取れてしまう場合もあるのでご注意を。

②ベッドの枠を利用してみる

天蓋付きベッドを使っている方、これから購入予定の方はさらにこんなアレンジはいかがでしょうか?

元々備え付けられた天蓋部分を利用して、自分のお気に入りの布に変えてリメイク。気分によって色や素材の違う布をセットしてみる、なんて方法もいいですね。

お子さんがいる家庭では、星柄やキャラクター柄の布などをセットすれば喜ばれること間違いありません。寝室で眠るのが楽しみになってしまいます!

③天井にポールをセッティング

こちらは少し上級者向けです。取り付け金具を天井に取り付け、ポールを通して布を飾る技です。比較的しっかり取り付けるので、重さを気にせずに画像のようなたっぷりとした布使いができます。

また天井の下地のない部分に取り付けようとすると、針が刺さらずに天井に穴が空いてしまいますのでご注意ください。必ず下地を探してからビスを打ちましょう。

④ひも状にして華やかに

一枚の布を張るのはちょっと飽きちゃったわ…という方におすすめ。

こうしてひもを重ねて飾り付けるアイデアはいかがでしょうか。あえてお部屋の壁紙とは違う色をチョイスすることで天井布がより印象強くなりますね。グラデーションで色をそろえることで統一感も。

色のチョイス次第では、ポップにもエレガントにもなりそうです。

仕切りに使うのもアリ!

思い切って部屋の仕切りに

ただの飾りではなくて、実用的な使い方もできるのがコチラ。

普段は通常の天井布と同じようにふんわりと布を張っておき、必要な時に下せば仕切りや目隠しにも。画像のように、布をピンやカーテンタッセルのようなもので留めておくと自在に上げたり下したりできますね。

大きなお部屋を布で仕切るだけでプライベート空間が増えるため、2人以上のお子さんがいる方は子供部屋にいかがでしょうか。

ベッドを仕切って良質な睡眠を

一人暮らしの方におすすめのアイデア。

1Kの間取りではリビング空間にベッドがあるのが普通だったりしますよね。そこで天井に天井布を貼り、仕切る技を使うことであっという間に寝室空間の出来上がり。ひとつ部屋が増えたよう。そのうえ、まるで天蓋付きベッドで寝ているような快適さが味わえて一石二鳥です!

ぜひ参考にしたいアイデアです。

コツ・ポイント

ピンや壁用ステイプルなどの道具を使えば簡単に取り付けられる布天井。実際やってみると驚くほどお部屋の雰囲気が変わります。脚立や台に乗る際は十分注意して作業して下さいね♪

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。

いいなと思ったらシェア♪

このまとめに付けられたタグ